福士蒼汰は英語の発音が下手?勉強方法は?

福士蒼汰英語
福士蒼汰英語
 
 
福士蒼汰さんがローマの国際映画祭でイタリア語と英語で挨拶をして話題になっていましたよね!

高身長でイケメンで英語もペラペラなんて…と益々彼の魅力に取り憑かれてしまった女性は多いでしょう。

でも一部では福士蒼汰さんの英語の発音が下手だとも言われているようですね。

また、留学経験などは一切ないようなのですが、どのような勉強方法で英語を身につけたのでしょうか?

今回は福士蒼汰さんの英語の発音と勉強方法について調べていきたいと思います。
それでは早速いってみましょう!

福士蒼汰の勉強方法は?

 
福士蒼汰さんの英語力について注目が集まったのは第9回ローマ国際映画祭の公式記者会見での挨拶がきっかけでした。
 
まずは流暢なイタリア語で挨拶をし、続いて英語でスピーチをしています。

中学時代の担任の先生が英語の先生でその先生に「発音がいい!」と褒められた事がきっかけで英語が好きになっていったそうですよ。

福士蒼汰さんは褒められて伸びるタイプなのかもしれませんね。

留学の経験はなく、外国人と英語で話したことすらない福士蒼汰さんですが、英語の勉強方法はただひたすら単語を覚えたそうです。

 
相手の話すことを聞き取るにも、自分が話すにしても単語が分からなければ何も始まりませんからね。

具体的には単語帳を購入し、主に通学時間を使って暗記していったそうです。
福士蒼汰さんは電車通学だったらしく満員電車の中でブツブツと単語を唱えながら登校することもあったそう。

 
周りから見ると不審者に見えていたかもしれません(笑)

1日の通学時間に200単語くらい目を通し声に出して確認していたそうです。
空いた時間の有効活用も頭の良い人の勉強方法のやり方の一つですよね。

また目を通すだけではなく声に出して覚えるというやり方もいいですね。
目を通しただけではなかなか頭の中に残らず忘れてしまうことも多いですからね。

福士蒼汰さんいわく「発音しているとどんどんスペルがわかるようになっていく」んだそうです。

上達している証拠ですよね。

福士蒼汰さんは地道な努力と勉強方法でどんどん英語を吸収していき、高校2年生の時に英検2級を取得しています。

英検2級は高校卒業レベル、合格率は20〜25%くらいなのでそれを高校2年生の時に取得するのはやはりスゴイですよね。

英語の発音が下手?

私のように純日本人、英語がほとんど話せない人からすると福士蒼汰さんの英語はとても流暢で完璧に聞こえるのですが、ネィティブの方や英語圏に住んでいた方達にはどのように聞こえているのでしょう。
 
検索エンジンでは「福士蒼汰 英語 下手」などでよく検索されているようですが…
発音についての意見をまとめてみました。

①英語圏に住んでいた経験のある方の意見
福士蒼汰さんの発音は聞きづらい。
かっこよく喋ろうとして舌がうまく回っていない。
“first”という単語の発音はもっと口を大きく開けて少しゆっくり目に話すといい

②アメリカ人の意見
イントネーションがおかしい
言葉と言葉の間を詰めすぎて何と言っているかわからない

③帰国子女の意見
英語の発音はあまり上手ではない。
日本語発音の英語ではなく“ネィティブっぽい”英語で喋っているから上手く聞こえる。
早口なので少し聞き取りにくい。
言葉に詰まらず話せているが、ネィティブに通じる英語ではない。
けれど、自信満々に話しているところはとても良い。

少し手厳しい意見が多かったですね。
ローマ国際映画祭という大舞台での緊張もあったでしょうし、詰まらずに話そうというプレッシャーもあって少し早口になってしまっていたのかもしれませんね。

 
発音はまだネィティブには通用しないにせよ、それでも大勢の方の前で自信満々に英語を披露できる福士蒼汰さんは本当にすごいと思います。

名探偵コナンで英語力がアップ!?

福士蒼汰さんはローマ国際映画祭でのスピーチが話題となった数ヶ月後に劇場版『名探偵コナン 異次元の狙撃手』に声優として出演しています。
アメリカの元軍人を演じていて、英語でのセリフもありました。

この映画で同じくアメリカの元軍人を演じたタレントのパックンことパトリック・ハーランさんが収録中に福士蒼汰さんへ英語を指導したそうですよ!
「音が口の中にこもってしまったこともあり、はっきり発音するようにアドバイスをした。

 
手本を見せるとすぐに上達していき“もっと上手に話したい”という強い気持ちを感じた」と話していました。

実際にローマ国際映画祭の英語のスピーチと比べるととても上達しているようで、ネット上でも高評価を集めています。

英語力が話題となったスピーチ以来、福士蒼汰さんは英語の勉強を続けてこられたのでしょう。

 
“もっと上手に話したい”という強い気持ちが英語力の上達に繋がっているのかもしれませんね。

「少しまとまったオフがとれたら1人でアメリカを旅したい。
現地の人と話して英会話のトレーニングをしたい」と話していたらしいですから、これからも福士蒼汰さんの英語力はどんどん上達していくことでしょう。

 

まとめ

 
今回は福士蒼汰さんの英語の発音と勉強方法について紹介しましたがいかがでしたか?
英語の発音が下手だという話もありましたが、勉強を重ねどんどん上達しているようですね。
まだまだ上手くなりたいと望んでいるようですから、これからよりネィティブに近い発音を身につけていかれることでしょう。

「行けるものなら20代のうちにハリウッドに挑戦したい」と話していた福士蒼汰さん。
英語力を磨いてハリウッドデビューということもあるかもしれませんね。

これからの福士蒼汰さんの活躍からますます目が離せなくなりそうです♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク