井上真央が事務所移籍!理由は松潤と結婚反対にあった?

井上真央事務所移籍
井上真央事務所移籍

女優の井上真央さんが事務所を移籍すること発表しました。

事務所移籍の明確な理由は定かではありませんが、井上真央さんと言えば子役時代から活躍されていて芸歴も長いので、このタイミングで事務所移籍するにはそれなりの理由があるはずと気になっている方も多いと思います。

スポンサーリンク

今回突然の事務所移籍に様々な憶測が飛び交っていますよね。

今回は事務所移籍の理由と移籍先の「アン・ヌフ」について調べていきたい思います。

では早速いってみましょう!

事務所の社長と不仲説

井上真央さんが現在所属している事務所は、セブンスアベニューという名前の事務所になります。

聞き慣れない名前かとは思いますが、実は松嶋菜々子さんのマネージャーが独立して作った事務所になります。

事務所「セブンスアベニュー」はタレントも10名以下で唯一売れていたのが、井上真央さんになります。

 

事務所としては井上真央さんは一番の稼ぎ頭でもあったはずなので、もちろん今回の事務所移籍には社長には猛反対されたことが予想されます。

井上真央さんも今年で29歳になり、来年30歳ということからも、このタイミングで事務所移籍はそれなりの覚悟と理由があったはずです。

ネットでは「社長と不仲で事務所移籍した」などと噂をされていますが、実は大きな理由はもう一つの方かと思われます。

 

松潤との結婚を反対されたから

事務所の社長と不仲説にも関わってくるのですが、井上真央さんと言えば嵐の松本潤こと松潤との熱愛報道がこれまで何度もありました。

そして結婚報道も毎年のようにあったのですが、いずれもゴールインはならずといった所でした。

周りからはなんで結婚しないんだろ〜と不思議に思った人もいたはず、井上真央さんと松潤潤さんは、「花より団子」で共演し、それからお付き合いに発展したということなので、もう随分長い付き合いになるはず。

スポンサーリンク

それに井上真央さんも30歳も目前に結婚を意識しているはず。

きっとこれまで幾度となく結婚の話しをしたと思うのですが、井上真央一人でやってきたような事務所ですから、猛反対されたことが予想されます。

それによって社長と不仲になって、今回事務所移籍を決断したのではないでしょうか。

確かに事務所からすると稼ぎ頭である井上真央さんに結婚されたら、男性ファンは減り、これまでの清純イメージも変わってしまう。

と恐れたのかもしれませんね。

しかしその考えが今回井上真央さんの事務所移籍を決断させたのかもしれません。

ちなみに移籍先の事務所は「アン・ヌフ」は岸部一徳さんが経営する事務所です。

最初は聞いた時は韓国にでも移籍するのかと思いましたが、調べてみると有名タレントはいないものの、所属人数はそれなりにいるようです。

今回の移籍の裏側には結婚の承認の契約もあったのでは?と思います。

となれば松潤と井上真央の結婚の報告もそう遠くはないのかもしれません。

スポンサーリンク