菅田将暉 映画 最新(2017年)〜過去作まとめ!

 
2016年は菅田将暉さんが映画に出過ぎだと話題になっていましたよね。
主演を含む計9作品に出演していたのだから話題になるのも納得です。
 

スポンサーリンク

そんな菅田将暉さん、若手実力派俳優として注目され2017年もすでに4本の映画に出演がきまっており、彼の活躍ぶりに出演作品は全てチェックしておきたいと思っている方も多いのではないでしょうか?
 
そこで今回は菅田将暉さんの出演映画、過去の作品や2017年上映予定の最新作までまとめていきたいと思います♪
 
それでは早速行ってみましょう!
 

スポンサーリンク

2011年

 
『高校デビュー』
 
 
2011年4月に公開された溝端淳平さん、大野いとさん主演の映画で『別冊マーガレット』に掲載された漫画が原作です。
主演の大野いとさんは『高校デビュー』が女優デビューの作品です。
 
 
◇ストーリー◇
「おしえて、ワタシのモテコーチ!!」をキャッチコピーにモテようと自分なりに努力するものの高校入学から半年間彼氏が出来ずに悩む長嶋春奈(大野いと)に小宮山ヨウ(溝端淳平)が親友や妹も巻き込みモテレッスンを繰り広げるラブコメディ映画。
 
 
菅田将暉さんはヨウの親友・田村史也役として出演しています。
史也は春奈とデートしておきながらヨウの妹とくっついちゃうというお調子者で軽めなキャラで衣装がポップでとてもかわいいんですよ♪
 
 

2012年

『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』
 
 
2012年1月28日に公開された阿部寛さん主演の映画。
『新参者』『東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!〜』の続編にあたります。
 
 
◇ストーリー◇
東京・日本橋で起こった事件の謎を日本橋署の切れ者刑事・加賀恭一郎(阿部寛)が解いていく。
 
日本橋の麒麟の像の下で一人の男・青柳武明(中井貴一)がナイフで刺され殺されていた。
 
犯人と思わしき人物、八島冬樹(三浦貴大)はトラックに轢かれて亡くなる。
 
一人男の死の真相は何重にも絡みついた謎の中に存在し、その謎を解くために加賀は被害者青柳の足取りを追いながら真相に迫る。
 
 
菅田将暉さんは吉永友之という被害者青柳の息子、青柳悠人(松坂桃李)らに嫌がらせをされプールで溺れて植物状態になった役を演じています。
 
出演時間としては少ないものの、絡み合った謎を解くためには重要な役柄です。
 
菅田将暉さん演じる吉永友之を植物状態に追いやる役に、今をときめく松坂桃李さんや山崎賢人が出演しているのもみどころのひとつですね♪
 
 
 
『王様とボク』
 
 
2012年9月22日に公開された菅田将暉さん、松坂桃李さん主演の映画。
大人になりたい少年と大人になりきれない少年を描いています。
 
 
◇ストーリー◇
6歳の頃に事故で意識を失って12年間眠り続け奇跡的に目覚めたモリオ(菅田将暉)とかつて親友だったミキヒコ(松坂桃李)の物語。
 
大人になることに不安を覚えていたミキヒコは心が6歳のまま自由に過ごすモリオを見て自分の少年時代を思い出す。
 
 
菅田将暉さんは心は6歳のまま身体だけが18歳へと成長した少年を演じています。
 
真っ白の衣装に身を包み、純粋で無垢な少年を演じる菅田将暉さんの演技力には圧倒されてしまいます。
 
 
2013年
 
『共喰い』
 
 
2013年9月7日に公開された菅田将暉さん主演の映画。
原作は芥川賞を受賞した作品で、濃密であり奥深い人間関係を映像化して話題となりました。
 
性的描写が多く含まれるためR-15指定されています。
 
 
◇ストーリー◇
 
昭和63年、遠馬(菅田将暉)は父親である円(光石研)と一緒に暮らしている。
 
円には異常な性癖があり、そのことが原因で母・仁子(田中裕子)とは別々に暮らしている。
 
ある日円は飲み屋で知り合ったという琴子(篠原友希子)を連れて帰り、遠馬と三人で一緒に暮らすことになるが、琴子もまた円の性癖が原因で姿を消す。
 
遠馬は暴力的な性癖を持つ円に嫌悪感を抱いているが、自分にも同じ血が流れていることを感じ自分も父親と同じように恋人・千種(木下美咲)に同じことをしてしまうのではないかと葛藤する。
 
 
菅田将暉さんは主人公、遠馬を演じています。
陰のある役所を見事に演じきり、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。
 
仮面ライダーから始まりこれまではアイドル的な存在だった菅田将暉さんですが、この作品ではまた違った一面を魅せてくれます。
 

スポンサーリンク

 
『陽だまりの彼女』
 
 
2013年10月12日に公開された「女子が男子に呼んでほしい恋愛小説No. 1」をキャッチコピーに謳った越谷オサム作の小説を原作としたファンタジー映画。
 
主演は国民的アイドルグループの嵐・松本潤さんと上野樹里さんで男性目線で描かれる純愛が特徴的です。
 
 
◇ストーリー◇
奥田浩介(松本潤)はかつての同級生、渡来真緒(上野樹里)と10年後に偶然再会する。
 
浩介の上司、新藤春樹(玉山鉄二)のことを気にしてなかなか進展しない二人だが、やがて付き合って結婚する。
 
穏やかな幸せがずっと続いていくと思われたが、次第に真緒の体調は悪化していく。
13歳までの記憶がない全生活史健志(記憶喪失)の真緒と浩介の想いの行方は…
 
 
菅田将暉さんは奥田翔太、松本潤さん演じる奥田浩介の弟役を演じています。
 
この映画で菅田将暉さんは珍しく普通の役を演じているんですよね〜!(笑)
 
奥田翔太は兄が大好きな兄思いの青年です。
菅田将暉さんは長男なのでお兄ちゃんが出来たようで嬉しかったと話していらっしゃいました♪
 
この役に抜擢されたのはなんでも松本潤さんと顔が似ているからという理由だったそうですよ!
 
 
『男子高校生の日常』
 
 
2013年10月12日に公開されたギャグ漫画を原作とした映画。
男子高校生三人組を菅田将暉さん、野村周平さん、吉沢亮さんがそれぞれ演じどこにでもいそうな男子高校生の日常がコミカルに描かれています。
 
 
◇ストーリー◇
女子に免疫のない男子高校生三人組、タダクニ(菅田将暉)、ヨシタケ(野村周平)、ヒデノリ(吉沢亮)が合同文化祭をきっかけに女子と交流しようと努力する姿を描く。
 
「高校生よ、最強(バカ)であれ」をキャッチコピーに涙ぐるましい努力をするが、なかなかうまくはいかない。
それでもめげずに楽しく生きていこうとする男子高校生の日常。
 
 
この作品の見どころはいい意味でのくだらなさです。
そこらへんにいる高校生をリアルに描いているため、女子にはくだらないと思えてしまうかもしれません(笑)
 
男子高校生のバカさ加減と女子の冷静さが共感できるポイントでもあります。
 
そしてなにより菅田将暉さんがダサいんです!w
ダサい菅田将暉さんはあまりお目にかかれませんがそのダサさがこの作品の最大の魅力といえるでしょう。
 
 
2014年
 
『そこのみにて光輝く』
 
 
2014年4月19日に公開された綾野剛さん主演の映画。
第87回アカデミー賞外国語映画賞部門に日本代表として出品され、第38回モントリーオール世界映画祭最優秀監督賞などを受賞し話題となりました。
 
守るものがあるから歪んでいく異常な世界を描いた作品となっています。
 
 
◇ストーリー◇
愛を失った佐藤達夫(綾野剛)は行き場のない孤独の中、傷害事件を起こし仮釈放中の身である大城拓児(菅田将暉)と知り合う。
 
拓児には姉・大城千夏(池脇千鶴)がおり、千夏は自力では決して抜け出せない貧困の中で必死にもがき生きてきた。
 
惹かれ合う二人だが、家族を想い守ろうと異常な世界で生きる千夏は負のスパイラルから抜け出せずにいた…。
 
 
菅田将暉さんは綾野剛さん演じる達夫が気になり、なにかとまとわりつくチンピラ役・拓児を演じています。
 
『そこのみにて光輝く』という題名の「そこ」には底という意味も含まれていて人生のどん底で、それでも光輝こうとしているそれぞれの人物の生き様が映し出されいます。
 
内容としては全体的に暗い内容なのですが、菅田将暉さん演じる拓児はバカでかわいくて憎めないキャラで、すごくハマり役だなーと感じられる作品です。
 
 
『闇金ウシジマくん part2』
 
 
2014年5月16日に公開された山田孝之さん主演の映画。
2012年8月25日に公開された『闇金ウシジマくん part1』に続く第2作で、テレビドラマとしても放送されている人気作です。
原作「ヤンキーくん編」をベースに作られていますが、映画独自に展開されるため結末は異なります。
 
 
◇ストーリー◇
超高金利でお金を貸し付けるウシジマくんこと丑嶋馨(山田孝之)が社長を務める闇金事務所・カウカウファイナンス。
お金に困り闇金に手を出さざるを得なくなった人々の人生を描いていく。
 
 
菅田将暉さんは借金を背負いウシジマくんの事務所・カウカウファイナンスで働くことになったヤンキー加賀マサルを演じています。
 
ガムテープで全身縛られたり、ビニール袋で顔を被せられたりして窒息死させられるシーンはしかけなく本気で挑んだようですよ!
まさにプロ根性ってやつですね。
 
 
『海月姫』
 
 
2014年12月27日に公開された能年玲奈さん主演の映画。
オタク系女子と女装男子が繰り広げる騒動を描く映画ですが、菅田将暉さんの女装姿が大絶賛され大きな話題を呼びました。
 
 
◇ストーリー◇
おしゃれとは縁遠いクラゲオタクの倉下月海(能年玲奈)と女装男子鯉淵蔵之介(菅田将暉)の奇妙な友情や月海が暮らす男子禁制のアパート天水館での様々な人間模様を描く。
 
 
この映画の見どころは何と言っても菅田将暉さんの女装姿でしょう。
役作りのために2カ月で10㎏体重を落としたっいう菅田将暉さんは蔵之介の誰よりも男らしい男らしさも損なわないように配慮したと話していました。
見て頂ければわかるかと思いますが、菅田将暉さんの女装姿…女性よりも女性らしく、そして男らしく、美しいんです(笑)

2015年

 
『チョコリエッタ』
 
2015年1月17日公開された森川葵さん、菅田将暉さん主演の映画。
主演の森川葵さんが役作りのために坊主にしていたことで話題となっていましたよね!
 
いくら役作りといえど女性が坊主になるのは相当な勇気がいる行為かと…
でも当のご本人、森川葵さんは坊主になったことすら楽しんでいたように見えましたが(笑)
 
 
◇ストーリー◇
自分のことをチョコリエッタと呼び可愛がってくれた最愛の母と兄弟同然で育ってきた愛犬を亡くした知世子(森川葵)。
全てがくだらないと思える退屈な日常は永遠にも感じられ、いっそ犬になりたいと願っていた。
 
そんな知世子は映画好きで変わり者の正宗(菅田将暉)と出会う。
二人はバイクで撮影旅行へと出発することに…
心を失くした二人はこの旅で何を感じ、何を得るのか…?
 
 
この映画で菅田将暉さんは映画好きの変わり者正岡正宗を演じます。
上映時間2時間39分のわりに台本がとても薄かったそうで、セリフではなく表情やしぐさで語るシーンが多いのが特徴的です。
 
言葉だけでは伝わらない微妙な表情やしぐさ、間合いを感じながら楽しんでください。
 
 
『映画 暗殺教室』
 
 
2015年3月21日に公開された山田涼介さん主演の映画。
タイトルからしてグロテスクなものを想像しがちですが、原作は週刊少年ジャンプに掲載された少年漫画で、アニメ化やゲーム化もされた人気作です。
 
 
◇ストーリー◇
「来年の3月までに自分を殺さなければ地球は破滅する」といきなりやってきたタコ型の謎生物が言い出す。
 
“暗殺”“主人公たちの担任教師(タコ型謎生物)を殺すこと”をテーマに話は繰り広げられる。
 
タコ型謎生物は殺せんせーと呼ばれるが、主人公たちな果たして殺せんせーを暗殺することはできるのか…
 
 
菅田将暉さんは原作でも一番人気の赤羽業(あかばねかるま)を演じています。
 
頭が切れて一匹オオカミタイプで教師という存在そのものに不信感を持つちょっと近寄りがたい存在です。
 
ありとあらゆる手段で殺せんせーを暗殺しようとするのですが、殺せんせーに「健康的でさわやかな殺意」と評価され明るい表情を見せるようになります。
 
心の移り変わりにも注目ですね♪
 
『明烏 あけがらす』
 
2015年5月16日に公開された菅田将暉さん主演の映画。
福田雄一さんの戯曲で、2011年9月に初演、2015年7月に再演されています。
映画も福田雄一さん脚本・監督として作られています。
 
 
◇ストーリー◇
東京品川でひっそりと営業するホストクラブ「明烏(あけがらす)」。
明烏の売り上げ最下位ホスト・ナオキ(菅田将暉)は1000万の借金があり、12時間後までに返済できなければ東京湾へ沈められてしまう。
なんとか返済しようと仲間のホスト達やお客さんまで巻き込みお金を集めていこうとするが…
 
 
この映画で菅田将暉さんは売れないホスト・ナオキを演じているのですが、最初スクリーンに出てきた時は色々な意味で驚いてしまうかもしれません。
 
ホスト役である菅田将暉さんがなぜかアフロ姿で現れます(笑)
もはや、何か狙いがあるんだよね!?としか思えません。
アフロのホスト・ナオキは借金を無事に返せるのか注目です!
 

スポンサーリンク

 
『ピース オブ ケイク』
 
 
2015年9月5日に公開された多部未華子主演の映画。
FEEL YOUNGに掲載された漫画が原作で、20代女性の切ない恋模様を描き、主に20〜30代女性からの絶大な支持を受けています。
 
 
◇ストーリー◇
流されるままに男と付き合う恋愛依存症のダメ女、梅宮志乃(多部未華子)がある日、本当の恋に落ちる。
 
相手は優柔不断で能天気なレンタルビデオ店の店長、京志郎(綾野剛)だが、京太郎には彼女あかり(光宗薫)がいた。
 
志乃とあかりの間で揺れ動く京志郎と京志郎のおかげで新しい自分を発見できた志乃のリアルでドロドロの恋愛劇。
 
 
この映画で菅田将暉さんは志乃(多部未華子)を気に入り、自身は長く付き合う彼女がいるが志乃につきまとうアルバイト先の同僚、川谷を演じています。
 
冒頭、志乃が流されるまま付き合う正樹(柄本佑)と並行して関係を持つ浮気相手としての出演のため、出演時間は短いのですが、多部未華子さんとのキスシーンがありとても話題となりました。
 
しかもそのキスシーン、お酒を飲んで行われたとか。
完成披露上映会で懺悔している姿がなんだかかわいかったです(笑)

まとめ

菅田将暉さんは色々なジャンルの様々な映画に出演していましたね!
主演ではないものの、演技力が光り印象に残る役もたくさんありました♪
 
正直、菅田将暉さんは何の役をやらせてもハマってしまう天才なんじゃないかとさえ映画の中の彼を見ていると思えてしまいます。
 
まだまだ若い菅田将暉さんですのでこれからどんどん演技の幅を広げていくことでしょう。
 
2017年の最新の映画ではどんな役を演じる菅田将暉さんが見れるのか今から楽しみですね!
 
 
今回は菅田将暉 映画 最新(2017年)〜過去作までまとめについてご紹介しました。
 
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク