吉岡里帆の彼氏は誰?大学やプロフィールも!

ドラマに出演した際の存在感で話題沸騰中の吉岡里帆さん。
透明感のあるルックス、童顔とギャップのあるスタイルの良さから理想の彼女とも言われています
 
今回は吉岡里帆の彼氏は誰なのか?大学やプロフィールも合わせてご紹介したいと思います
 
では早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

プロフィール

吉岡里帆と聞くとグラビアを連想しますか?
 
吉岡里帆さんで検索するとセクシーなグラビア画像がとても多く出てきますが、朝ドラの『のぶちゃん』を連想する人も多いかもしれませんね。
 
『ゆとりですがなにか』で初めて知ったと言う人も多いのではないでしょうか。
 
透明感のある美女。
今をときめく吉岡里帆さんが気になりますね!
 
1993年1月15日、吉岡里帆さんが生まれたのは撮影所が多くあり、時代劇など風情ある町並みなどでたびたび撮影に使われる映画村などで有名な京都の太秦でした。
 
吉岡里帆さんの家族も映像の会社を経営していて、幼い頃から映画や舞台が大好きで、歌舞伎や落語のような日本特有の芸術文化も身近に見ながら育ちました。
 
舞台を見る目が相当に鍛えられていた吉岡里帆さんですが、高校三年生の時に見た小劇場での舞台にそれまでに感じたことのない感動を覚え、お芝居にのめり込んでいきます。
 
それでも、成功する役者は一握りだという厳しい現実もよく知っていたのでしょうね。
 
お芝居は趣味として楽しみながら、書道家になるために京都の大学に進学しました。
 
しかし友人の誘いを受けて立った小劇場での講演で、お芝居への熱意が止められなくなり、現在所属のエーチームグループのオーディションを受け合格します。
 
芸能事務所に所属したからといって、すぐに舞台に立てるわけではなく、そこから養成所に通って実力をつけていくのです。
 
吉岡里帆さんは入学したばかりの京都の大学をすぐに辞めたりはせず、大学でも演劇を続けながら東京の養成所に通いました。
 
数々のドラマや映画のオーディションを受けますが、最終審査にまで進む実力は持っているのになかなか最終選考を通過できず1年近く悔しい思いをしてきました。
 
 
そんな苦労の時期に初めてのグラビアに挑戦し、ブログを開設すると徐々に知名度をあげていき、チャットモンチーのMVに出演して注目を集めたことから、最近のドラマを見てではなく吉岡里帆さんを前から知っている人はグラビアタレントのイメージがあるかもしれませんが、一途に女優を目指して努力を続けていました。
 
そして努力の甲斐あって朝ドラスタッフの目に留まり『美女と男子』『あさが来た』に続けて出演することができました。
 
粘り強い努力でドラマの出演を勝ち取ったのです。
なので『ゆとりですがなにか』では自分とはまったく違う性格の役を演じることに苦戦することもあり「何で泣くねん、おかしいやろ!」と撮影中、自分にツッコミをいれていたそうです(笑)
 

スポンサーリンク

吉岡里帆の大学は?

吉岡里帆さんは京都橘大学、文学部の書道コースに通っていたと思われます。
 
ちなみに高校は実家のある太秦に近い京都嵯峨野高校ではないかとの情報が多いのですが、この高校は普通科でも偏差値が高く、科によっては京都府トップ3に入る偏差値なので吉岡里帆さんは頭もすごくいい可能性が高いです!
 
これまでの経歴から努力家であることがうかがえますから、好きなことだけを頑張ってきたのではなく、昔から勉強も趣味も夢もおろそかにしないタイプだったと想像できます。
 
今後番宣か何かでクイズ番組に出演することがあれば大活躍かもしれません!

吉岡里帆は彼氏は?

吉岡里帆さんは『美女と男子』で共演した町田啓太さんとの噂が見られましたが、それはドラマの中でキスシーンがあったというだけでドラマが終わった後は親密な二人が見られたということはありませんでした。
 
吉岡里帆さんは2017年1月〜放送のドラマ『カルテット』にも出演が決まっていて、今は仕事が忙しくて恋愛どころじゃないと思いますね〜!
 
実際に吉岡里帆さんの浮かれた情報はネット上にも存在しませんでした!

まとめ

今回は吉岡里帆の彼氏情報や大学やプロフィールなどについてご紹介してきましたがこれまでの情報を一度まとめてみたいと思います
 
・吉岡里帆は女優目指して一直線の努力家
・おそらくお芝居以外にも真面目な勉強家
・夢が叶って、今は仕事が恋人?
 
ということになりました。
 
結論からすると吉岡里帆さんは今は仕事に一生懸命で彼氏どころではない!ようですね!
 
個人的な感想としましては、調べるうちに夢のために努力を続ける姿勢に感動して吉岡里帆さんをどんどん好きになっていってプロフィールの紹介に内容が偏りすぎてしまいましたね〜(笑)
 
これからさらに吉岡里帆さんをTVで見るようになるでしょう!
 
今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク