東京タラレバ娘は実在モデルがいる!?

大人気コミックが原作となり注目を集めているドラマ『東京タラレバ娘』がいよいよスタートしますね!

 
原作では個性的なキャラクターが描かれているのも人気のひとつなのですが、そのキャラクターの中には実在する人物をモデルに描かれたものもあるんだそうです。
 

東京タラレバ娘を見逃した方へ

東京タラレバ娘は現在huruという

動画配信サービスで2週間お試しで見ることができます。
huruでは他にも現在放送中の色んなドラマが見れますよ

もちろんお試し期間中に解約しても一切料金はかかりません。

今すぐhulu2週間お試し!

スポンサーリンク

そこで今回は『東京タラレバ娘』の実在モデルについてご紹介していきたいと思います。
 
それでは早速いってみましょう!
 

『東京タラレバ娘』のストーリーは?

 
鎌田倫子33歳、独身、彼氏ナシ。
特別美人ではないがブスでもないのに彼氏が出来ない倫子は
「きれいになったら彼氏が出来る」
「好きになれば結婚が出来る」
などと高い理想を掲げては仮定の話を高校時代の親友で同じく独身の香と小雪と共に小雪の父が経営する「呑んべえ」で女子会を繰り返していた。
 
こうしていたら…、あの時あぁすれば…とタラレバ話に花を咲かせていると居酒屋「呑んべえ」になどと居合わせた25歳の人気イケメンモデルKEYに
「このタラレバ女が!」
と現実を叩きつけられてしまう。
 
目を背けていた現実を叩きつけられ、恋に仕事にイマイチうまくいかない倫子や香、小雪の恋愛模様や人間関係を描いていく。
 
 
『東京タラレバ娘』は33歳アラサー独身女性が主人公なんですが、倫子をはじめ、香、小雪と個性的なキャラクターなんだけど、でもその辺に実際にいそうな感じで描かれています。
 
そこそこ美人でそれなりに仕事も出来て、でもなぜか独身。
 
主人公たちのように「もう少し待てばもっと素敵な人が現れるはず…」と高望みを続けてきた人に多いのではないでしょうか?
 
突きつけられた現実に気付きはするけれど、不倫や都合のいい女など結婚とは程遠い方向へ流されていく…
 
独身アラサー女性が共感できるようなストーリーにはなっていますが、あまりにストレートな表現がグサグサと心に突きささっていくので、本気で婚活に悩んでいる独身女性にはダメージが大きすぎてオススメは出来ません(笑)

スポンサーリンク

東京タラレバ娘はどーやって出来た?

 『東京タラレバ娘』は講談社『Kiss』にて連載中の東村アキコ先生の漫画です。
 
東村アキコ先生といえば『海月姫』も連載中でこちらも映画化され話題となっていましたよね。
 
『海月姫』は今もまだ連載中なのですが、講談社のパーティに東村アキコ先生が参加した時に編集長に「描きたいネタがある」と東村アキコ先生の友人で結婚出来ないアラサー女の話したのが『東京タラレバ娘』の連載のきっかけだそうです。
 
その話が編集長にウケ『海月姫』をやりながらの連載がスタートしたそうですよ。

タイトルはお父さんが考案!?

 
実は『東京タラレバ娘』は『エンドレス・パーティー』というタイトルで連載する予定だったそうなんです。
 
でもふとお父さんに相談してみようと思って相談をしたところ
『ハイブリッド・ラブ』
『ラビリンス東京』
『愛のパルテノン』
『タラレバ・ウーマン』
などのタイトル案をだしてくれたらしいのですが、
東村アキコ先生は「タラレバ」の意味をそもそも知らなかったそう。
 
お父さんから「タラレバ」の意味を聞いて「これだ!」と閃いたことからタイトルが『東京タラレバ娘』へと決定したようです。
 
「タラレバ」という言葉をきっかけに色んなイメージがつながりタイトルありきでタラレバキャラ達が生まれたなんて驚きですよね♪

実在モデルとは?

 『東京タラレバ娘』のストーリーは先ほど話した通り、東村アキコ先生の周りの独身アラサー女性を元に作られたものです。
 
いうなれば友人達へ東村アキコ先生が日頃言いたくてたまらないツッコミを表現したものらしいのですが(笑)
そんな個性的なキャラクターの中には実在する人物をモデルに描かれているキャラクターがいるみたいです。
 
【香】
倫子の親友で美人でスタイルもいいがここ数年は彼氏ナシ。
表参道でネイルサロンを経営。
 
 
こちらのモデルとなっている人がこの方。
 
 
 
山口かおりさん(41)
 
表参道でネイルサロンgrand mayを経営し美爪研究家という肩書きで活動していらっしゃいます。
榮倉奈々さんや安田美沙子さん、木村文乃さんなどの人気女優を担当するほどの人気ネイリストだそうですよ。
 
東村アキコ先生とは友人関係にあり、山口かおりという名前では地味でインパクトが足りない!ということで、東村アキコ先生がつけられた「まぐちかおり」として活動することがほとんどみたいですね。
 
ホームページを覗いてみたところ、至るところに『東京タラレバ娘』のキャラクター香のモデルサロンという表記があります(笑)
こちらは間違いないようですね。
 
キャラクターを見ても確かにそっくりですもんね。
 
 
【KEY】
 
人気イケメンモデルで居酒屋「呑んべえ」の常連客。
タラレバ話をつまみに女子会を開く倫子らにウンザリし、容赦ない言葉を投げつける。
 
 
こちらのモデルとなっているのがこの方。
 
 
韓国の男性歌手グループSHINeeのメンバーの一人で名前はそのまんまのkey。
 東村アキコ先生は元々k-popのファンらしいです。
どうせなら思いっきりイケメンにしてやろうと思ったんだそうですよ。
 
こちらも忠実に再現されていますよね。
 
 
【小雪】
 
黒髪ロングを三つ編みにし、メガネをかけている倫子の親友の一人。
父親が経営する居酒屋「呑んべえ」で働いておりしっかり者。
 
 
モデルと公言はされていませんが、こちらのモデルとなっているであろう人はこの方。
 
 
たんぽぽ 白鳥久美子さん(35)
 
見たまんまですよね!(笑)
でも公言はされていません。
 
東村アキコ先生とたんぽぽ 白鳥久美子さんは友人関係にあり、『東京タラレバ娘』のあとがきで描かれた女芸人との飲み会のメンバーが
ニッチェ江上さん、たんぽぽ白鳥さん、ニッチェ近藤さん、まぁこさんの4人だったため
小雪のモデルは白鳥久美子さんなんじゃないかと予測されているわけなんです。
 
モデルが白鳥久美子さんだとすると原作では少し美化されて描かれている気がしなくもないですが、それでもやはりかなり似ていますよね。
 
しかもかなり失礼ながら、タラレバ話がよく似合しそうで…(笑)
 
 
倫子役のモデルも探してみましたが、情報は一切出てきませんでした。
香と小雪にはモデルの方がいらっしゃるわけなので、倫子だけ完全なオリジナルキャラクターとは考えにくいのですが、
ここまで何の情報も出てこないとなると一般人のご友人の方かもしれませんね。 

まとめ 

今回は『東京タラレバ娘』の実在モデルについてご紹介しましたが、ここでこれまでの情報をまとめると…
 
・『東京タラレバ娘』は作者の東村アキコ先生の周りにいる友人達をモデルに描かれている
 
・タラレバの考案は東村アキコ先生のお父さん
 
・香は山口かおりさんがモデル
 
・KEYは韓国の男性歌手グループSHINeeのメンバーkeyがモデル
 
・小雪はたんぽぽ 白鳥久美子さんがモデルになっているようだ
 
・倫子のモデルの情報はまだない
 
ということになりました。
 
結論からすると、『東京タラレバ娘』は東村アキコ先生の日頃のツッコミを伝える作品だったんですね!(笑)
 
『東京タラレバ娘』は読めば読むほど心に突き刺さる何かがありまして…
20代前半に読んでいたらただただ笑えるばっかりだったんでしょうけど
思い当たるフシがありすぎてちょっと怖くなってきます(笑)
 
でもそれが世間の声、ということなのでしょうね。
 
倫子達の今後も気になるところではありますが、倫子のモデルになっている方も気になりますよね!
 
ドラマがスタートすればなにか情報があるかもしれませんし、期待したいと思います♪
 

《人気記事はこちら♪》

『東京タラレバ娘』石川恋のスッピンや腹筋がヤバイw

石川恋の彼氏は誰はまさかのw

この記事はカテゴリ〈東京タラレバ娘〉の記事です。

スポンサーリンク