『猫の恩返し』あらすじやネタバレ!声優情報も!

imgres

2002年に公開されたスタジオジブリの「猫の恩返し」。誰もがタイトルを聞いたことがあるのではないでしょうか。今回はこの「猫の恩返し」のあらすじと感想をお伝えします。 

スポンサーリンク

あらすじ

普通の女子高校生であったハルは、ある日、車に轢かれそうになっていた猫を助けます。助けた猫は二本足で立ち、丁寧に挨拶をしてどっかに行ってしまいました。これが物語の始まりです。

images

出典 blog.goo.ne.jp

その夜、猫王がハルの目の前に現れます。実は助けた猫は王様の息子ルーンであったのです。

 

 

 

次の日から「猫の恩返し」が始まります。しかし、プレゼントはねずみやねこじゃらしなどハルにとってはいらないものばかり…

 

 

困っていたハルは猫の国のナトルにそのことを告げると、猫の国に招待されることになりました。実は猫王はルーンの妃にしようという企みをもっていました。

 

急な展開に困っていたハルは、「猫の事務所を探して」という声が聞こえました。ムタに案内されるままに猫の事務所でバロンとトトに出会います。

 

 

 

そんな中、ハルは猫の国に強引に連れていかれてしまいます。しかし、猫の国で過ごしているうちに「このまま猫になってもいいかも」と思ってしまい、見た目が猫に変わっていってしまいます。

 

 

 

逃げることが困難になってしまったハルを助けにバロンが来ます。しかし進路を迷路や塔に妨害をされ、最後には猫王が登場をします。

 

見どころ

「耳をすませば」との関係性

201005432

出典 knowlidge-information.com

このお話は「耳をすませば」の月島雫が書いた物語とされています。

「耳をすませば」と「猫の恩返し」は同じ原作者が書いたものとなっています。

 

 

また、キーワードとしてどちらにも「猫」が登場をします。

 

 

このお話で活躍をしたバロンですが、「耳をすませば」にも登場をしています。

 

 

違いとしては、「耳をすませば」では喋る場面はありませんでした。

 

 

実はバロンだけでなく、ムタも2作品に登場をしています。「耳をすませば」ではムーンと呼ばれていますが、ムタと呼ばれる場面もあります。

 

 

この2作品には大きな繋がりがあるとされています。ぜひこの2作品を観ながらまた新しい世界観で楽しんでもらえるといいと思います。

キャラクターと声優

実は、豪華声優となっています。

ハル(池脇千鶴)

images-2

出典 ciatr.jp

imgres-1

出典 haru-usagi1723.seesaa.net

バロン(袴田吉彦)

スクリーンショット 2016-09-04 19.10.54

出典: prcm.jp

yjimage

 

ルーン(山田孝之)

images-3

出典 dicdi.blog.so-net.ne.jp

images-1

出典 ciatr.jp

その他にも、ムタは渡辺哲、トトは斉藤洋介などになっています。

ぜひ声にも注目をしながら観たいところです。

スポンサーリンク

感想

猫だらけのこの世界観はとてもおもしろく、夢中で観てしまいました。猫好きの方には特に楽しんでもらえるのではないでしょうか。

 

 

特に猫を助けた恩返しとしてねずみや猫じゃらしをプレゼントされる場面は、猫の世界観が溢れていてついつい笑ってしまうような雰囲気がありました。

 

猫の世界というファンタジーな内容になっているため、小さい子供から大人まで楽しんで観ることができると思います。

 

 

また、何度観ても楽しむことができるような作品となっています。後でこういうことだったのか!と思う内容なども多く、わたしもついつい見直してしまいました。

 

 

特に途中でハルが小さい頃に助けた白い猫の話などもでてきます。

 

この白い猫は実は重要な鍵となっていました。どのように関わってくるのかどきどきしながら観るのはとても面白かったです。

 

 

そして1番ハラハラしたのはやはり最後の脱出の部分でした。無事に脱出できたと思いきや、出口がずれてしまっていたため、空の上に放り出されてしまいます。

 

 

落ちたら危ない!というこの場面、やっと猫の国から脱出できたのにこれで終わりではなかったのか!という不意打ちにやられました。

 

 

また、この後の地上への戻り方もファンタジー感が溢れていれとてもわくわくしました。

 

観たことのない人はぜひ!観たことのある人ももう一度!観てほしい作品となっています。

スポンサーリンク