『家政婦のミタ』キャスト情報!今すぐ動画を見たい方はこちら

%e5%9b%b31

テレビドラマとして放送され、ロボットのような不思議な家政婦はどういう意図があるのか?と注目を集めた「家政婦のミタ」。今回はこの「家政婦のミタ」についてあらすじと感想をご紹介します。

今すぐ家政婦のミタを見る

 

スポンサーリンク

キャスト

松嶋菜々子(三田灯 役)

%e5%9b%b32

出典 topicks.jp

阿須田家の家政婦として登場をします。言われたらなんでもやってしまう、全部時間通り、笑わないなどロボットっぽいその一面も見どころです。

長谷川博己(阿須田恵一 役)

%e5%9b%b33

出典 x122.peps.jp

阿須田家の父親役です。ミタさんを雇ったのは恵一ですが、このミタさんの思わぬ行動に振り回されます。

本田望結(阿須田希衣 役)

%e5%9b%b34

出典 topicks.jp

阿須田恵一の娘です。お母さんが死んでしまったのですが、どうしてもお母さんに会いたいといい続けます。これも物語の重要なポイントかもしれません…

相武紗季(結城うらら 役)

%e5%9b%b35

出典 tvdrama7.blog.fc2.com

いろいろと問題を起こします。このことにミタさんが加わってもっと大変なことになっていきます。

あらすじ

家政婦のミタは日本テレビのドラマとして放送されましたが、原作が存在します。原作に興味がある方はぜひ調べてみてください!

 

ドラマのあらすじをご紹介します。

 

妻が死んでから阿須田家は家事ができる人がいなかったため、荒れてしまっていました。

 

そんなある日、家政婦がやってきました。これがミタさんこと三田灯です。父親が家政婦を雇ったのでした。

 

 

なんでも完璧にこなすミタさん。なんでも頼むと「これは業務命令でしょうか?」と言って頼まれたことはなんでもしてしまいます。

お母さんに会いたい阿須田希衣はミタさんにお母さんに会いに行ってくれるか尋ねると、「承知しました」とミタさんは答え、入水自殺をしようとします。

ミタさんは他にもどんどんと問題を起こします。

 

 

しかし、実はこのような行動をしていることには理由がり、ミタさんには忘れられない過去があったのです。

感想

ミタさんの役がすごい!

ともかく笑わないことや、こびない、なんでも言われたようにするなどロボットのようなその振る舞いがとてもすごいです。怖い!とも思わせてしまうようなほどその立派な役はこの物語の重要な部分ではないでしょうか?

 

 

普通の人ならいくら頼まれてもやらないでしょう!というようなことも、ミタさんは言われたらやってしまいます。この普通とは違うという部分もミタさんの魅力であり、これやっちゃうの!?と観ている人にもどきどき感を与えると思います。

 

 

さらに、最後の方ではこのミタさんが変わっていきますが、その変わるポイント、過去が何であったかという部分も、びっくりしてしまいました。

 

 

また、「承知しました」は今回の決まり文句となっています。この言葉がでてくる部分にもぜひ注目をしてもらえるといいと思います。

%e5%9b%b36

出典 bizmakoto.jp

家族

なんといっても家族のお話がメインでした。母親が死んでしまって家族はばらばらになってしまったところから、どう変わっていくのか?これはとても見どころがたくさんありました。

 

 

まだ小さくて理解ができていない一番末っ子がお母さんに会いたいと言い続けることや、お母さんがいなくなったことでしっかりしないと!と頑張る姉など、それぞれにそれぞれの問題があり、学校などでもどう向かっていくのかがとても面白かったです。

%e5%9b%b37

出典 yoko9566.blog.eonet.jp

まとめ

ぜひ今の時代だからこそ観ていただきたい内容となっています。最初は家族がばらばらの話となっていますが、ミタさんなどの問題を通し、ミタさんだけでなく、家族自体もどんどん変化をしていきます。

 

この変わっていく過程などをぜひ観ていただきたいと思います。

 

ちなみに最終回は視聴率が40%となったそうです。この最終回ではいろいろなことが起こります。ぜひ最後まで観てください!

スポンサーリンク