映画『好きっていいなよ』の感想!画像や動画あり!

%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%aa%e3%82%88

出典: u-rennai.jp

 

大人気の漫画『好きっていいなよ』がとうとう実写化しました!橘めいに“川口春奈”、黒沢大和に“福士蒼汰”を迎え、興行収入11億円を記録したこの作品。原作の再現率、川口さんと福士さんが“橘めいと黒沢大和”をどんな感じで演じているかを観ていきましょう!

 

今すぐ『好きっていいなよ』を見る

 

スポンサーリンク

キャスト

橘 めい 役(川口 春奈)

%e5%b7%9d%e5%8f%a3%e6%98%a5%e5%a5%88%ef%bc%9d%e6%a9%98%e3%82%81%e3%81%84

出典: www.cinra.net

 

この物語の主人公“橘めい”を演じたのは、川口春奈さん。

東明高等学校に通う女子学生。

 

過去に酷い裏切りを受けて人間不信になったため、16年間、友達も彼氏も作らず一人で過ごしてきました。

 

黒沢 大和 役(福士 蒼汰)

%e7%a6%8f%e5%a3%ab%e8%92%bc%e6%b1%b0%ef%bc%9d%e9%bb%92%e6%b2%a2%e5%a4%a7%e5%92%8c

出典: happpy777.wp-x.jp

 

学校一のモテ男“黒沢大和”を演じたのは、福士蒼汰さん。

“東明高等学校”に通う男子学生で、メイとは正反対で男女共に友達が多くいます。

 

及川 あさみ 役(西崎 莉麻)

%e5%8f%8a%e5%b7%9d%e3%81%82%e3%81%95%e3%81%bf

出典: www.cinra.net

 

“東明高等学校”に通う女子学生で、黒沢大和とは中学時代からの知り合い。

大和にずっと想いを寄せていて、彼に頼んでキスまでしましたが…

恋人には至らずにこの恋は終わってしまいます。

 

後に、メイの親友となります。

 

中西 健志 役(永瀬 匡)

 

%e4%b8%ad%e8%a5%bf

出典: matome.naver.jp

 

“東明高等学校”に通う男子学生で黒沢大和の友達。

最初の方では、高校で一人で行動していたメイを周りと一緒にいじめていたが、大和に窘められて考えを改めることに。

 

武藤 愛子 役(足立 梨花)

%e6%ad%a6%e8%97%a4%e3%80%80%e6%84%9b%e5%ad%90

出典: twitter.com

 

“東明高等学校”に通う女子学生。

最初の方ではメイを眼の仇にしていた愛子ですが、大和とメイが付き合うことを認めて、それ以降はメイとあさみと行動を共にするように。

 

あらすじ

16年間、彼氏も友達も作らずに暮らしてきた橘めい。

ある日、誤解で学校一のモテ男“黒沢大和”にケガをさせてしまいます。

しかし、なぜか大和はメイを気に入って一方的に友達宣言をします。

 

そのあともメイをストーカーから守ってくれた上に、守るためとキスまでしてきて…!?

 

感想

この映画版『好きっていいなよ』観て皆さんはどんな感想を持ちましたか?

福士蒼汰くんファンでもあり、原作『好きっていいなよ』から観ている私としては…

 

期待していた分、少しがっかりしたのが大きかったです。

他のサイトの感想を書いている方も「基の福士くんが出過ぎてて全然、大和っぽくない」という方もいたり、逆に「色々なカッコいい福士くんが観れてよかった」という方もいました。

 

私は前半の意見と同じで、「福士くんならきっと原作の“大和”に近い演技をしてくれるに違いない!」そう思っていたので…

思った以上に福士くんが「こんにちは」と顔を出していました(笑)

 

ドラマの『恋仲』ではもっと自然な演技だったと思いますが、なかなか棒読みという感じで感情がこもってないな…と感じました。

 

人によっては、川口さんの演技の方がすごくよかったという方もいますが、こちらもずっと原作を見てきた側としては“橘メイ”っぽくないなと強く感じました。

 

メイは最初の頃は人間不信のため、周りからは“暗くて無口”というイメージでした。

それが、大和やあさみ、中西や愛子と関わるうちに徐々に明るくなって友達も増えてきました。

 

最初は暗かったのに徐々に明るくなる人の役では、ドラマ『ヤマトナデシコ七変化』で大政絢さんが演じた“中原スナコ”や映画『君に届け』で多部未華子さん演じる“黒沼爽子”があります。

 

観て頂ければわかると思うのですが、大政さんも多部さんも暗~い感じの人を上手く再現していると思います。

 

私は、原作が漫画の映画はどれだけ原作に近いモノが作れるかによって良い映画になれると思うので。

原作が良いものだと余計にそうだと思います。

 

なので、川口さんがメイだと可愛すぎる!

それに、初っ端から暗くもないし、本来のメイより饒舌過ぎる気もします。

 

先ほど例に出させていただいた2作の女優さんの暗いキャラの演技と比べても川口さんのメイは“普通の子”という印象を受けました。

 

原作の通りに再現してあるシーンも多くて、そう言う意味では再現率は高いと言えます。

ですが、展開が早過ぎて原作でよかったシーンがなくなっていたり、圧縮されているためになぜこんな展開になった?と言うような場面もあり…

 

まとめ

まとめると、キャストの演技にわざとらしさがあること、シーンとして必要なところまで圧縮してしまってるところのせいでかなりマイナス評価になっているかなというのが私の意見です。

 

そのため、ちゃんと原作『好きっていいなよ』を読んでいる方にとっては物足りない仕上がりだったのではないかと思います。

ですが、呼んだことがない方にとっては恋愛映画として良いものだったのではないでしょうか。

 

好みも十人十色ですからね!

 

福士くんファンとしては、色々な衣装を着たカッコいい福士くんが観れて大満足でした(笑)

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク