映画『orenge-オレンジ』動画はこちら!感想とあらすじも

 
tsutiya
 
 
映画『orenge-オレンジ』のあらすじや評価や感想をご紹介したいと思います。
 
 ″高校二年生の私、元気ですか?″ 
高校生の主人公のもとに届いたの信じられない人からの贈り物でした。
 
 
U-NEXTは今お試しキャンペーン中で31日間無料で見ることができます。
 

スポンサーリンク

 
何年たっても忘れることが出来ない辛い出来事。もしも、あの頃と違う道を選ぶことが出来たら¥その想いから生まれたこれまでにない新しいストーリー。

あらすじ

abudsfcvjs

出典:tyfm13.blog.fc2.com

主人公はどこにでもいる普通の女子高生。
友達と毎日を楽しく過ごす、そんなこれまでの普通の生活がある1つの贈り物で変わります。
 
 
その贈り物とは、″高校二年生の私、元気ですか?″ という書き出しから始まる不思議な手紙でした。
信じられないと思いながらも内容を読み進めると衝撃の事実を知ることになるのです。
 
高校時代に彼女が知らないうちに選んできた様々な選択によって生まれた1つの結果。
 
それはあまりに辛く悲しい出来事でした。
 
大人になって気付いたその頃の新たな事実。
高校時代から長い時が過ぎ真実を知ったその時、高校生の私に伝えることが出来たら全く違う別の選択をすることができ別の道にたどり着けるかもしれない。
 
そんな想いが生まれ、大人の彼女が昔の自分に想いを託したとても大切な手紙だったのです。
 
大人になった自分が選んで欲しいのは大切な友人が生きるている道。
 
 
 
高校生の彼女は自分の周りに起きる様々な出来事や、託された想いと向き合いながら、後悔のない道に進むために選ぶべき選択をすることが出来るのでしょうか。
 
 
 
そして大人の自分に託された想いであり、
自分にとっても大切な彼を救うことが出来るのでしょうか・・・
 
ちなみにオレンジの撮影中の山崎賢人と土屋太鳳さんがラブラブ過ぎると、撮影中に二人が話題になっていましたよね
 
 
 

感想

これまでのタイムトラベル系に関する物語は、主人公自らが過去や未来を行き来することことで、今ある現実を変えていくというお話が多かったかのではないかと思います。
 
56b634f76481f2ba1c243e7fe00dc268_s
出典:300books.net

ですが今回のこの作品は、これまでのタイムトラベルのストーリーとは違い自分の想いを過去にいる自分自身に託すというのが新鮮でドキドキしました。

 
 
 
 日々普通に生活をしているようで、知らず知らずのうちに沢山の選択肢の中から、私たちは自分で1つの選択肢を選び今いる道に進んできたということは、誰もが分かりながらも意識せずにいつの間にか選択していることが多いかと思います。
 
 
 
ふと昔を振り返ってみるとその時分からなかった全く違う別の選択肢が沢山見えてきて、あの時こうしていればもっと違ったかもしれない。
 
あの時こう言っていればこんな結果ではなく、違う結果が待っていたのかもしれない。
と深く後悔することも、多々あるのではないでしょうか。
 
 
  
その時は見えるこのなかった別の視点から見て知ることの出来た真実やその真実から見えてきた他の道を
想い強く後悔した主人公の女の子は歩んでしまった道を戻りやり直すことはできなくても
 
別の世界にいる昔の自分なら変えることが出来るのではないかと考え行動に移し手紙を書いたのだと思うと、想いの強さに私自身考えさせらるものがありました。
 
 
 
 
生きていればきっと誰だって別の選択肢と別の結果を思い描き、どうしてあの時こうしなかったのだろうと思うことはあるかと思います。

私もそのように考えることがよくあります。

ですが、それは当時の自分が考えて選んだ道だから
見えてくるものであり、変えられない事実だからこそ
改めて振り返り、冷静に選んだ選択肢について見えてくるものがあるのではないかと思ったのです。
 
きっと、どんな選択をしどんな道を歩んだとしてもあの時違う選択をしていればと悔やむ事は出てきます。
 
 
 
 
そんな時大切なのは、彼女がしたように、今ある現実のなかで何ができるのかを自分自身と向き合い新たな選択を自らの手で生み出すことなのではないかと私は感じました。
 
 
また、高校時代の彼女が、大人になった自分からのヒントを少しづつでも受け入れ、向き合う姿に純粋な強さを感じました。
 
 
 
周りから与えられたヒントを素直に受け入れ、同じ目的のために懸命に向き合うことはなかなかできることではないと思います。
 
 
普段の自分が自然に選ぶ選択を、その選択が後悔する道につながると分っていても、正しい道は別の選択から進むのだと分っていたとしても普段と違う選択をすることは意外と難しいことだと私は思います。
 
 
 
 
沢山悩み、自分の中で葛藤がありながらも、それでも彼を救うために、違う選択を選ぶ勇気と強さを彼女は持っていてだからこそ、大人になった彼女自身も過去の高校時代の自分を信じ想いを託すことが出来たのだと思います。
 
 
 
託した想いがどう伝わっているのか、きちんと選択をやり直してくれているの別の過去を覗き見ることが出来なくても、信じて託すまでが大人の彼女に出来ることであり託すことが出来た時点である意味大きな後悔を消化することが出来たのかもしれません。
 

まとめ

 これまでの歩んできた道で悔やむことがあったときにもそれを受け入れることが出来たらなら
新たに前を向き0から道を作ることが出来るのだと思わされました。
 
この作品から私は自分と向き合う強さと勇気を感じることが出来た気がします♪
  
私の中ではオススメ度★★★★★
 
★5の満点です。
是非皆さんに見てもらいたい作品です。
 

スポンサーリンク