『君の名は』あらすじや感想!ネタバレ有り!!

sinkai_01

今回はアニメ映画『君の名は』について あらすじや、ネタバレついてご紹介したいと思います。

 

まだ会って事ないのに君を探している

スポンサーリンク

 

そんな不思議なフレーズから始まる この映画日本アニメ映画界の新たな旗手としてこれまで「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」などを手掛けた新進気鋭の新海誠監督の5作目の長編 アニメーション映画となっています。

 

若い男女が織りなす切ない恋と   偶発ともいえる自然界の驚異を通して巻き起こされる奇跡の物語を美しい色彩と繊細な風景を背景に、圧倒的な映像美で  

 

見る人の心をつかんで離さない不思議な感動を呼び起こす映画となっています。ではさっそくあらすじの方へ参ります。※内容はネタバレを含みます。

君の名はのあらすじ序章

スクリーンショット 2016-08-04 20.29.11

出典http://www.kiminona.com/index.html

 

この物語の主人公である 東京で暮らす男子高校生の立花瀧(タキ)はある日 自分が行ったことも無い田舎の町で自分が女子高生になっている夢を見る。   「変な夢だったな・・」  目覚めた瀧は、不思議な感じを覚える。  

 

さらにもう一人の主人公、山深い地方の神社の家系に生まれた女子高生の、 宮水三葉(ミツハ)は、ある日、自分が男の子になる夢を見る。

スクリーンショット 2016-08-04 20.20.07

出典www.kiminona.com

自分の姿が男の子に変身していることに愕然するが、その男の子が住んでいる場所が前から憧れていた 東京の街と知り、それを楽しむ三葉。   そして二人が繰り返し見る不思議な夢。  

そう、この二人、・・  瀧と三葉は互いに入れ替わってしまったのです。  

gfgds

その入れ替わるキッカケは夢であり  夢から覚めると元の自分に戻ります。しかし、なんと生々しい変な夢...   お互いに高校生であり、会ったことも無い見知らぬ二人が何度か入れか替わる内に春期によくある お互いを意識していくことになるのです。  

 

何度も入れ替わる体とその生活に戸惑いながらも、  現実を少しずつ受け止める瀧と三葉は、 互いにスマホや日記を通して、時には喧嘩し   時には相手のことを思いやりながら、過ごしていくのです。 しかし、気持ちがだんだん打ち解けてきた矢先、入れ替わりの夢は、突然ぱたっと起きなくなるのです。  

 

スポンサーリンク

入れ替わりに隠された真実

季節は流れ、入れ替わりの夢も見なくなってしまった瀧は三葉のことが忘れられず、自分たちが何か特別な何かで繋がっていたのではないかと感じ、 三葉にどうしてもたいとの思いから、会いに行くことを決めます。

 

でも、どうやって...?

1356004856212_5_150808143821593_700x

瀧は入れ替わった時の記憶をなんとか辿って三葉の住んでいるであろう場所、飛騨へと向かいます。  そこで自分の記憶を辿りながらに描いた 風景画のスケッチを、地元の人たちに見せながら聞いて回ります。  

 

そして、遂にその土地に住んでいたという人に出会います。しかし、その人の口から出た言葉は、瀧にとってあまりにもむごいものでした。

 

 

瀧が描いた風景のその土地の名は『糸森町』といい、三年前に彗星から分裂して発生した
隕石が落下した町で、何百人もの犠牲者が出たというのです。この事実を聴いた瞬間、瀧は頭を強打されたような ショックを受け、体を寒気が走るのでした。 

 

「まさかその時、三葉は...?」もしそうなら、三葉の魂が自分の体に現れ、
互いに入れ替わるという夢の、秘密の鍵だったのではないのか? そのことを確かめるべく、糸森町に急ぐ瀧。

 

そしてそこで目にした、隕石落下の犠牲者の名簿の中に。宮水三葉(17) 瀧は目にした現実にまた大きなショックに受け打ちひしがれ、混乱します。

 

 

やっと気持ちを落ち着かせて 以前に二人が入れ替わっていた時の想い出の場所である、 山の上の、ご神体のある場所を目指します。

最後の入れ替わり

なんとかご神体の前にたどり着いた瀧は 神社の家系である三葉が巫女として以前に行った特別な儀式を自分もやってみます。

すると、意識が朦朧となり、気を失ってしまいます。

「どれくらい時間が経ったのだろう?」

  瀧はようやく意識を取り戻し、
目を覚ますと、 自分が三葉に入れ替わっていることに、

さらに時間が隕石落下の前であることに気づきます。

 

  そしてなんとかこの機会を生かして隕石落下の悲劇から町民を救うべく三葉の友達と共に町民を避難させようとします。

しかし、三葉の父である町長を始め町民は隕石落下を信じようとせず避難は遅々として進みません。  

こうしている間にも隕石は刻一刻と地球に近づいてくるのです。

  その後、避難計画は困難を極め、様々な紆余曲折を経て 今まで夢の中で離れた場所でしか会えなかった   二人が、今この糸森町で運命的な出会いをすることになるのです。

瀧は三葉に避難計画の全容を伝え、今後互いを忘れぬよう、それぞれの手に互いの名前を書くのでした。  

そして次の瞬間、瀧は三葉の体から離れてしまい そこには三葉だけが残り、隕石落下から町を救うという  任務は三葉に託されることになるのです...

三葉は町民を無事に避難させることができるのか?
そして、今度はチャンスを生かして三葉自身生き延びることができるのか?

 

君の名は 感動の終章

隕石落下から、八年後。ここ東京で、瀧は就職活動に忙くしている。

でも時々彼は思うのです。

「過去に起きてしまったことは、 変えることができないのか?
そして三葉とは、もうこの世では会えないのか?」

 

瀧の心は絶望と、「もしかして...」という希望の狭間で、揺れ動くのでした。

 

そしてこの後、物語は感動のラストへ... 

君の名はの感想

スクリーンショット 2016-08-06 11.42.05

出典nlab.itmedia.co.jp

他人と身体が入れ替わるというテーマの映画はこれまでハリウッドでも何本か作られてきましたが どちらかというと、コメディーという部類に属する映画が多かったようです。

ここで紹介した映画「君の名は」は 身体の入れ替わりという
テーマだけではなく 彗星によって引き起こされた偶発の産物である

隕石の落下 という自然界の脅威を焦点に、

 

そのことがもたらす 若い男女の身体の入れ替わりを通しての出逢い それが大いなる摂理の力による結びつきであること

そして最後の奇跡へとつながっていくという、
壮大なスケールで描かれた物語です。  

これまで作られてきた身体の入れ替わりという
コメディーの部類に属する映画とは一線を隔する

まさに見る人の心を揺さぶる感動の名作となっています。

まとめ

今回はこの夏公開される
アニメ映画君の名は』あらすじと、ネタバレについてご紹介しました。

この映画はこれまでの新海監督の映画の中でも、 秀逸といえる作品ではないかとの評判で監督のファン方はもとより ‘アニメ映画は、どうも’という方にも是非見て頂きたいお奨めの作品です。

新海監督の過去作を見る

見終わった後に、もたらされる爽快感は、きっとあなたをトリコにしますよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク