映画『バケモノの子』あらすじと感想や評価!

20150719220540

2015年夏に公開されたアニメ映画『バケモノの子』のあらすじと、感想について紹介します。

スポンサーリンク

序章

少年・蓮(9歳)は、両親の離婚の後、母親に引き取られ育てられるが、その母親が交通事故で急死してしまう。

父親とも音信が無くなっていた蓮は親戚に養子として貰われることになるが、不安を感じ逃げ出し、夜の渋谷の街を独り彷徨っていた。

 

そこで蓮は、「熊徹」と名乗る熊のような容姿をしたバケモノ(獣人)と出逢うが、すぐに見失ってしまう。

バケモノの世界

その後、家出を警戒する警官から逃げ回っていた蓮は、ある路地裏に逃げ込んだが出口を見失ってしまい、バケモノの世界「渋天街(しぶてんがい)」へと迷い込んでしまう。

 

そこで、再び熊徹に会い、その熊徹のもとで弟子として格闘技や剣術の修行を行うことになる。

 

月日は経過し、蓮はいつしか17歳になっていた。

ある日、偶然に渋天街から人間界の渋谷に戻り、女子高生の楓と出会う。

4893f9d6f300-6a05-4c17-aa30-5f92fb0c0c0d_m

出典:cinema-labo.blog.so-net.ne.jp

その後、バケモノ界と、人間界を行き来するようになりバケモノ界では武術、人間界では楓に勉強を教わるようになり、両親の離婚後、初めて父親とも再会を果たす。

そんな折、熊徹は、バケモノたちを束ねる長老「宗師」の跡継ぎの座を賭けて、宿敵の猪王山と闘って倒すがその後、不覚にも猪王山の息子 一郎彦によりその場で刀で刺されてしまう。

 

スポンサーリンク

熊徹との生活

蓮は、熊徹の仇を撃つべく、人間界に逃げ込んだ一郎彦を追い渋谷の街で彼を見つけ戦いを挑む。戦は仲々勝負が着かず、魂となった熊徹の助力により、そのパワーが宿った燃え上がる剣で
一郎彦の心の闇を粉砕し戦いに勝つ。

 

その後、バケモノ界では現宗師が宗師を続投することになり、蓮は人間界に戻り父親と一緒に暮らす事を決める。

感想

アニメ映画を見ると、見ている最中どうしても、頭の中でジブリの作品と見比べてしまう。

今回の、バケモノの子を見ている途中でも
自然とジブリ作品「千と千尋…」や「魔女の…」などと比べていた。

 

まず、スクリーン上の映像は、それぞれ手法や絵に対する考え方が、違うのだろうけれど

私が見て受けた感じではジブリのそれは、3次元で立体的。

このバケモノの子は2次元で平面的な感じがした。

色彩も、カラーなんだけれども、モノトーンの感じがして思い返しても心に残るシーンが余り思い浮かばなかった。

 

ストーリーも、取り立てて面白く、興奮させられるという脚本とは感じられずバケモノの渋天界と、人間界の渋谷の2つの世界が対比して出てくるのですが

 

バケモノ界が実際にあるというリアル感が湧かない為今一現実感が持って受け入れられなかった。

後は、なぜ渋谷に拘ったのか、架空の街でも、良かったのでは?と思った。

ただ、声優陣の顔揃えは、役所広司さんをはじめ芸達者、期待の新人などを揃え、この映画をバックから支えていたと感じられた。

 

評価とおすすめ度

この映画に関する、数あるネット上の評価でも、良かった」という評価と、「あまり...」
という評価が、大きく二つに分かれていて、興味深った。

 

よって総合的に判断してオススメ度は★★★☆☆

★3つです。

今回はアニメ映画『バケモノの子』のあらすじと感想
について紹介しました。

色々と勝手ながら書かせてもらいましたが
この映画は細田監督のフアンの方にはお奨めだと思います。

スポンサーリンク