銀魂 映画 完結編 動画 本編を今すぐ見たい方はこちら!

%e9%8a%80%e9%ad%82%e3%80%80%e5%ae%8c%e7%b5%90%e7%af%87

週刊少年ジャンプで大人気の漫画『銀魂』の2作目になる劇場版『銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』が2013年7月6日に全国で公開されました。アニメ『銀魂』では「終わる終わる詐欺」をしていた『銀魂』。果たして本当に完結してしまうのか!?見所と共にご紹介していきます。

 

今すぐ完結編を無料で見る

 

スポンサーリンク

キャスト

坂田 銀時 役【杉田 智和】

 

%e9%8a%80%e3%81%95%e3%82%93

出典: tweez.net

 

本作の主人公“坂田銀時”の声優をするのは、杉田智和さんです。

様々なアニメで活躍をしている人気の声優で、代表的な人気作では「ジョジョの奇妙な冒険」、ゲームでは「METAL GEAR」などに出演しています。

 

 

この“坂田銀時”は江戸の町「歌舞伎町」で欠かせない人物で、新八と神楽の三人で「よろず屋」を営んでいます。

 

 

普段は皆からチャランポランだと言われ、死んだ目をしていますが本人曰く「いざという時にキラリと輝く」そうです。

 

ただいざという時には本人の言っている通り、困っている人を無償で助けたり、無謀な戦いにも挑んだりと男らしくカッコいい一面を持っている糖分が大好きな糖尿病予備軍の主人公。

志村 新八 役【阪口 大助】

%e6%96%b0%e5%85%ab

出典: animemories.net

 

この物語のツッコミ担当である“志村新八”の声優を担当したのは、阪口大助さんです。

デビュー作がなんと『美少女戦士セーラームーン』の猫役だったとか(笑)

 

銀時との出逢いは、新八がアルバイト先の飲食店で天人(あまんと)と店長にいじめられていたところを銀時が助け、それ以降、新八はよろず屋として銀時と行動を共にするようになります。

神楽 役【釘宮 理恵】

%e7%a5%9e%e6%a5%bd

出典: gigazine.net

 

この物語のヒロイン“神楽”の声優を担当したのは、釘宮理恵さんです。

 

数多くのアニメやゲームなどに出演している釘宮さんは、非常に“ツンデレ”なキャラクターの役が多く、ファンからも“ツンデレ”なキャラクターの役と言えば「釘宮さん」と言われるなど「ツンデレ」の代名詞となっています。

 

 

本作の声優を担当している“神楽”はかなり毒舌で口が悪く、普段は胡散臭いチャイナ口調で喋りますが、毒舌なときには標準語や関西弁で話したりもします。

 

 

また夜兎族(やとぞく)の生き残りで、ずば抜けた戦闘力を誇っています。

作中でジャンプ史上初のヒロインなのに“頻繁に嘔吐する”と言う業をくり出すなど独創性の強いキャラクターになっています。

定春 役【高橋 美佳子】

%e5%ae%9a%e6%98%a5

出典: gin3silver.blog85.fc2.com

 

この物語のマスコット的ポジションの“定春”の声優を担当したのは、高橋美佳子さんです。

高橋さんは本作で定春の他にも“寺門通”の声優も担当しています。

 

“定春”は犬神と言われる種族でよろず屋の前に捨てられていたことから神楽に拾われました。

 

最初は飼うのを渋っていた銀時と新八でしたが、神楽の定春に対する愛情を見て「自分で世話をすること」「神楽の給料から餌代を差し引くこと」を条件によろず屋で飼うことを許可しました。

 

 

 

ですが、基本的に世話をしているのは銀時と新八で神楽が可愛がるというスタイルのため、よく「自分で世話するとか言ってたくせに、結局お母さんが世話することになるのよね」と銀時は愚痴ることになります。

 

真選組

近藤 勲 役【千葉 進歩】

真選組の局長で新八の姉であるお妙のストーカー。

 

土方 十四郎 役【中井 和哉】

真選組の鬼の副長。

近藤のお陰で立ち直れた過去があり、恩義を感じており、「近藤さんのためなら命も惜しくねえ」と語るほど忠誠を誓っています。

 

沖田 総悟 役【鈴村 健一】

真選組1番隊の隊長。

近藤を兄のように慕っており、土方を邪魔者としています。

普段から「いつか土方を亡き者に」と狙っている節があります(笑)

 

その他

山崎 退 役【太田 哲治】など

攘夷志士

桂 小太郎 役【石田 彰】

大勢の攘夷志士を率いるリーダー。

攘夷戦争後からは“お尋ね者”として真選組から追われる存在に。

 

エリザベス 役【神谷 明】

“坂本辰馬”からの贈り物としてある日送られてきた謎の生物。

度々、裾からおっさんの足が見え隠れするけれど、それに触れることはタブーとされています。

 

その他

高杉 晋助 役【子安 武人】、坂本 辰馬 役【三木 眞一郎】

その他のキャラクター

よく登場するキャラクターですが、人数が多いので名前だけの紹介です。

 

ゲストキャラクター

時間泥棒 役【山寺 宏一】

本作にのみ現れるキャラクターで、映画の上映前に流される盗撮防止キャンペーンのキャラクターにかなり似ています。

見た目は、人間の身体にビデオカメラの頭がくっついている感じです。

 

魘魅(えんみ)役【磯部 勉】

攘夷戦争時代に銀時たち(桂、高杉、坂本)が戦った相手であり、本作の原因になった天人。

あらすじ

映画館の見回りの依頼を受けた万屋一行は、謎のビデオカメラと出逢います。

 

何を盗撮したのか下心丸出しで一人確認しようとトイレに向かった銀時でしたが、ビデオカメラを覗き込んだ瞬間に強い光に包まれて…

 

気付くと見知らぬ墓地に一人倒れていました。

墓地で一人パニックになっていた銀時のもとへ誰かが近づいて来る気配が。

慌てて隠れて様子を見ていると、現れたのは銀時の家の大家であるお登勢でした。

 

しかし、何か様子がおかしいと引き続き様子を見ていた銀時でしたが、お登勢はある一つの墓にお供えをしながら「銀時」と話しかけます。

 

 

お登勢の去ったあと、墓を見ると墓石には「坂田銀時」の文字が。

 

そこに映画館で出逢ったビデオカメラが出てきて「ここはあなたがいた世界の五年後」で自分の名は“時間泥棒”だと語ります。

 

源外に会うために移動した銀時が、変わり果てた江戸の町と自分の置かれた立場に困惑していると、時間泥棒はホクロに似たハナク装置を銀時の額に付けると壊れてしまいます。

 

そんな途方に暮れる銀時のもとにどこかで聞いたことのあるBGMと共にこれまた見たことのある服装をしたゴロツキたちが集まってきます。

 

そこへ洞爺湖の木刀を腰に差すメガネの青年と巨大な犬を連れ、銀時の着流しと同じ模様のチャイナ服の美女が助けにきて…!?

感想

この劇場版の原作『銀魂』は、ジャンプ連載当初から大好きな作品でした。

 

前作の『新訳紅桜篇』は話としてはすごく好きな回なのですが、全く知らない話を個人的には観たかったので、原作がほぼそのまま劇場版になった『新訳紅桜篇』は盛り上がりに欠けた感じだったんです。

 

 

 

そのため、本作の劇場版『銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』は前作の分もより期待していました。

 

結果、期待以上に良い作品が出来上がっていました!

“どんなに良い作品だったか”を語る前に『銀魂』を知らない方へ簡単に本編のご紹介をします。

原作ストーリー

時代は江戸時代末期。

地球は「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人達に侵略され、天人と人間が共に暮らす世界になります。

 

 

侍たちは“廃刀令”によって刀を奪われ、力を無くしていきます。

そんな時代で父親の残した剣術道場をなんとか続けようと、志村新八と姉の妙はアルバイトをしながら道場を守っていました。

 

 

飲食店でアルバイトをしていた新八は、店長からはなじられ、客の天人にはちょっかいを出され嘲笑を浴びせられていました。

 

 

そんなある日、天人からちょっかいを出されたせいで転ばされた新八は別の客のテーブルに突っ込んでチョコレートパフェをひっくり返してしまいます。

 

 

その時にチョコレートパフェを台無しにされた客の男が、店長と天人を木刀でボコボコに!

 

 

このことで駆けつけたお巡りさんに、いつの間にか新八の腰に指されていた血の付いた木刀を見咎められた新八はお巡りさんを振り切って逃げ出します。

 

そこから濡れ衣を着せて逃げた男“よろず屋 銀ちゃん”こと“坂田銀時”との波乱万丈でドタバタな物語が始まります!

見所

元々、他の作品のパロディーをすることが多いこの作品。

本作中だけでも色々なパロディーが登場しますが、特に面白いものをご紹介します。

 

まず一つ目は『NO MORE 映画泥棒』です。

キャストでもご紹介しましたが、映画前の予告CMの中で流れる盗撮防止キャンペーンのキャラクターにそっくりなんです!

%e6%99%82%e9%96%93%e6%b3%a5%e6%a3%92

出典: doge-sucha.com

 

あのパントマイムもやっちゃいます(笑)

それをやっている間に隣に来た銀時に盗撮を阻止されるのですが、銀時が謝罪させようとしていた際にバシバシと叩いているとビデオが映らなくなってしまいます。

 

 

そこで銀時が時間泥棒の代わりにビデオカメラを持って盗撮をするといった場面が一つ目のパロディーです。

まあ、本当は盗撮しているわけじゃないというか、盗撮が目的ではなかった訳ですが。

 

実は、この時点でもう一つパロディーがあるのですが…

下ネタになるので、ちょっとここでは控えさせて下さい(笑)

銀魂は基本下ネタも多いんですよね!

 

 

そして次にテーマソングまでパロディーされた『北斗の拳』です。

正しいテーマソングでは歌詞が「YOU SHOCKですが、『銀魂』のパロディーでは「I am shock」になっています。

 

そして出て来たゴロツキが『北斗の拳』の雑魚キャラっぽい容姿でそれっぽい感じに襲って来ます(笑)

%e5%8c%97%e6%96%97%e3%81%ae%e6%8b%b3

出典: anipla.net

 

そしてたぶんですが…

五年後の“沖田総悟”が『るろうに剣心』になっているような…

 

語尾が「ござる」になっていたし、髪の毛伸ばしていたし、服装が似過ぎてて(笑)

それに「人斬り沖田」と名のっていたので。

 

あと伝説の配管工のおじさん兄弟の真似して「スーパーマヨブラザーズ トシ&エリー」というチームを土方とエリザベスが結成していたりとあちこちにパロディーが散りばめられています。

 

 

この『銀魂』のパロディーは銀魂の面白さで重要な要素であり、そのパクリ具合のクオリティーの高さがすごいんです!

 

 

それはこれまでの紹介で分かって頂けたかと思いますが、ただパクるのではなくて基の素材に銀魂独特の要素が込められたオリジナル性もあるものになっています。

 

このクオリティーの高さが銀魂の良さの一つになっています。

 

次に、グッとくるシーンをランキング形式でご紹介します。

第三位 最後の方のシーンで過去の銀時と現在の銀時が共闘するシーン

%e9%8a%80%e6%99%82

出典: www.nicovideo.jp

 

魘魅との戦いで神楽と新八が捕まった時、過去の高杉と坂本、それに桂が助太刀に入るんです!!

 

その姿が、カッコいいのなんのって…!!

 

そして幻影なのか本物の過去の銀時なのか分かりませんが、現在の銀時と背中合わせになり、二人が口を揃えて「こんな薄汚れちまった剣でも護れるもんならまだあるさ」と言って魘魅を倒します。

 

「未来に何が起こるかわからねぇ。あたりめーの話だ。本来、未来ってのはそういうもんだろ」そう語った銀時は仲間との別れを迎えます。

 

第二位 おバカのコラボレーション

もうここは笑泣きしました(笑)

色々な意味でグッときたシーンであることは間違いないです。

 

源外を探していた銀時たちのもとに「源外が処刑される」という情報が入ってきます。

慌てて河原へ駆けつけた銀時の目の前には、縛られた源外が。

 

酔っ払って“カーネルサンダース人形”を大量殺戮兵器「カーネルサンダーライガー」に改造していたところを捕まったとのこと。

 

どうにかして助けようと慌てた銀時はこんな時なら役に立てる“桂 小太郎”を探そうとしますが…

なんと死刑囚が入れられている檻から「桂」の姿が!!

 

囚われた理由が「世界をぶっ壊す」と言い出し“カーネルサンダーライガー”を「カーネルサンダー晋助」に改造していたところを捕まったとか(笑)

この時点でもう笑いが止まらなくて腹筋が痛かったです。

 

ですが、これだけでは終わりません。

銀時が「じゃあ真選組は?あの無能集団でも…」と言いかけたところに牢から出て来たのは、真選組局長である“近藤勲”でした。

 

 

 

捕まった理由が“カーネルサンダース人形”に扮して新八の姉“お妙”のストーカーをしていると、“変な爺”にバズーカを持たされ、さらに“変なロン毛”に煙管を銜えさせられ銃器に引火。

 

 

 

そのせいで商店街を爆破してしまい捕まったとのこと。

「カーネルお前かーい!!」と銀時の声が響き渡りました(笑)

 

第一位 もちろんラストシーン

銀時は攘夷戦争の頃へ戻り、過去の自分を殺して自分の存在を消し去ろうとしていました。

 

 

 

そこへ銀時がいた五年後の未来から銀時がいる未来を取り戻すために、真選組や攘夷志士、お妙、長谷川さん、月詠、猿飛、九兵衛と東城、たま(時間泥棒)それから神楽と新八が銀時を追いかけてきます。

 

全てが解決して五年後から来たみんなは未来へと。

銀時は現代へとあるべき所に身体が少しずつ消えて帰り始めます。

 

 

 

だいたいの人が足から徐々に消えていくのですが、何故か猿飛だけ頭と体が分離して消えます。

桂は土方に逮捕された状態で、土方は総悟にお尻を刀で刺された状態で。

 

そして残ったのはよろず屋メンバーの3人と1匹。

そこで神楽が寂しそうな顔をしながら言います。

 

「銀ちゃん、新八、定春。顔をよく見せてよ。帰った未来で私たちがまたよろず屋として出逢えるとは限らないよ。これで最後かもしれないからみんなの顔、よーく見せてよ」

 

それを聞いた銀時がみんなの肩に腕を回して引き寄せて言います。

「そうか。じゃあ、よーく見とけ。もう一度俺達が出逢えるように」

%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%b3

出展: matome.naver.jp

 

それに対し、それぞれが『約束』と誓い合って指切りをして定春、銀時、神楽、メガネの順に消えていきます。

ん?メガネ??

 

そうなんです!

メガネだけ未来に帰り、新八は置いてけぼりになりました(笑)

 

普段からみんなにメガネが“本体”だといじられていた新八でしたが、まさかタイムマシンというかそういう“元の時代に戻る”という現象にまで反映されているとは…!!

 

 

 

まさかの展開に爆笑してしまいました(笑)

本作中の序盤で銀時も『人間を掛けたメガネ』と新八のことを言っていましたが、まさかこうなるとは!

 

「メガネだけ行っちゃったんですけどぉぉおおおお!!」と雄叫びを残す新八に過去の銀時がフッと笑うところがなんとも言えない感じに良いです。

まとめ

かなり長くなってしまいましたが、劇場版『銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の良さはお分かり頂けたでしょうか?

作中では度々、深い名言なども出ていますのでこの作品のすばらしさは一度観て頂くのが一番かと。

 

 

落ち込んでいる時は、銀魂を見ると前向きになれる言葉を投げかけてくれ、下を向いていた自分の背中を押して前を向かせてくれる、そんな物語です。

 

 

イライラしたり、悲しいことつらいことがあったら銀魂を観ませんか?

たくさん笑うとまた前を向いて歩けるようになりますから。

%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

出典: twitter.com

スポンサーリンク