『るろうに剣心~京都大火編~』の動画はこちら!

%e3%82%8b%e3%82%8d%e3%81%91%e3%82%93

和月伸宏による大人気漫画『るろうに剣心』。

本作の主人公を“緋村剣心”の役を人気俳優である佐藤健が演じます。今回は、2作続けて公開される映画の前編にあたる『るろうに剣心~京都大火編~』の見所と豪華アクションと俳優たちをご紹介していきたいと思います。

今すぐ京都大火編を見る

スポンサーリンク

キャスト

緋村 剣心 役【佐藤 健】

%e5%89%a3%e5%bf%83

出典: movies.yahoo.co.jp

 

この物語の主人公“緋村剣心”を演じたのは、佐藤健さんです。

ドラマや映画、時代劇、舞台までも活躍の幅を拡げている佐藤さんは、様々な賞を受賞するなど若手俳優の中でも特に演技力が高いです。

 

佐藤さん演じる“剣心”の役柄は、かつて「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客。

 

神谷 薫 役【武井 咲】

%e8%96%ab

出典: matome.naver.jp

 

この物語のヒロイン“神谷薫”を演じるのは、武井咲さんです。

武井さんはドラマ・映画・CMと様々なところで活躍をしています。

 

“神谷薫”はしっかりしていますが、時々ドジなところもあるとても優しい女の子です。

誰にでも等しく接することの出来て、抱えた辛い過去も共に抱えて乗り越えてくれる女性を武井さんが演じています。

相楽 左之助 役【青木 祟高】

%e5%b7%a6%e4%b9%8b%e5%8a%a9

出典: matome.naver.jp

 

剣心にとって欠かせない友人“相楽左之助”を演じるのは、青木崇高さんです。

代表的なドラマでは「ブザー・ビート」「龍馬伝」、映画では「ただ、君を愛してる」などに出演しています。

高荷 恵 役【蒼井 優】

%e6%81%b5

出典: www.weddingpark.net

 

“薫”の恋のライバル“高荷恵”を演じたのは、蒼井優さんです。

様々なドラマや映画で活躍しています。

 

この物語では、女医の役で剣心のことが好き。

気が強くしっかりしているけれど、寂しいさを抱えている感じを演じています。

斎藤 一 役【江口 洋介】

%e6%96%8e%e8%97%a4%e4%b8%80

出典: eigamove.blog.fc2.com

 

“剣心”の好敵手である“斎藤一”を演じたのは、江口洋介さんです。

様々なドラマや映画で活躍する江口さんが今回演じた“斎藤一”と言う役は、元新選組の三番隊の隊長。

 

決して笑顔を見せず、一見、冷酷非道に見えますが…

実際は意外な優しさを度々垣間見せることもあり、そのギャップに個人的に好きなキャラクターです(笑)

四乃森 蒼紫 役【伊勢谷 友介】

%e8%92%bc%e7%b4%ab

出典: ciatr.jp

 

“剣心”の2人目の好敵手だと個人的には思っている“四乃森蒼紫”を演じたのは、伊勢谷友介さんです。

 

伊勢谷さんは、この“四乃森蒼紫”の役が決まると身体を鍛えるところから役作りを開始したそうです。

志々雄 真実 役【藤原 竜也】

%e5%bf%97%e3%80%85%e9%9b%84-%e7%9c%9f%e5%ae%9f

出典: sgp.0ch.biz

 

“剣心”にとって最大の宿敵である“志々雄真実”を演じたのは、藤原竜也さんです。

志々雄は、剣心が人斬りを辞めた後にその跡を継いだ後継者。

 

政府にとって都合の悪いモノたちを排除する役割を担っていましたが、泰平の世には不要のものとして命を狙われるようになります。

そんな政府に絶望した志々雄は、政府やこの世そのモノに復讐をしようとします。

瀬田 宗次郎 役【神木 隆之介】

%e5%ae%97%e6%ac%a1%e9%83%8e

出典: tsumujikaze2.blog.so-net.ne.jp

 

原作でも人気のキャラクターである“瀬田宗次郎”を演じたのは、神木隆之助さんです。

アニメや漫画が実写化したものは批判が多いのですが、神木さんの演じる“宗次郎”は適役と非常に評判が良いようです!

 

このキャラクターは、志々雄が集めた“十本刀”で最強で「“天剣”の宗次郎」の異名を持っています。

おそらく“十本刀”で最速でもありますが、過去に宗次郎を虐待していた人物たちを斬ったことがあります。

 

その時に感情が乏しくなってしまったりと、心に闇を宿してしまいます。

その他のキャスト

巻町 操 役【土屋 太鳳】、翁・柏崎 念至 役【田中 泯】、大久保 利通 役【宮沢 和史】、駒形 由美 役【高橋メアリージュン】、佐渡島 方治 役【滝藤 賢一】、沢下 条張 役【三浦 涼介】、新井 青空 役【渡辺 大】、新井 赤空 役【中村 達也】など。

あらすじ

1878年(明治11年)、兵庫の摂津鉱山で斎藤一は警官隊とある人物を探していました。

そんな斎藤一の前に現れたのは、警官隊の死体の山と火の海。

 

その向こうに居たのは志々雄真実でした。

 

怒りで志々雄たちのもとへ向かって行きますが、志々雄たちの作戦によって行手を塞がれ、そのまま志々雄たちは姿を消してしまいます。

 

一方、剣心たちは一時の平和を取り戻した街で、歌舞伎を観たり、門下生に稽古をしたりと平凡に暮していました。

そんなある日、“恵”が大久保利通からの使者を神谷道場へ案内してきます。

 

大久保の所へ向かった剣心と左之助は、大久保利通から「志々雄真実が京都で再び暗躍している」ということを聞かされます。

政府が向わせた志々雄の討伐隊は次々と壊滅し、もはや剣心にしか無理だと判断した大久保は「一週間で答えを出してくれ」と剣心に頼み込みます。

 

そして当日、剣心のもとへ返事を聞きに向っていた大久保のところに志々雄の部下である“十本刀”の一人「瀬田宗次郎」が現れます。

 

その後、その場に駆けつけた剣心は大久保の亡骸を見つけて…!?

感想

この漫画は小さい頃から大好きで、アニメと漫画で全部観たりしていました。

まさか、大人になってから大好きな“佐藤健”さんが剣心役で映画化するとは!!

 

感激でしたね!

 

それにアクションシーンはこだわっているだけあり、すばらしいものが出来上がっていたように思います。

それでは、こだわりのアクションシーンをご紹介していきます。

見所

この映画では、アクションにCGを一切使わず、早回し編集もなしという制作方法。

ワイヤーのみで後は俳優達の肉体だけで撮影したこの映画。

 

さて、それを踏まえた上でアクションシーンを観てみましょう。

 

アクションシーンのおすすめ第三位、佐藤健の走り!?

様々なアクションシーンで佐藤さんは走り回ることになるのですが、その中でも“佐藤健”さんが家々の屋根を走りながら戦うシーンです。

 

走りながらの戦闘は難しかったと思います。

それでもその戦闘シーンは迫力満点でスリルも味わえるシーンとなっています。

 

もう一つは壁走りです♪

戦いの中で壁を走って攻撃を避けるシーンがあるのですが、それがまたカッコいいのなんのって!!

 

この“佐藤健”さんが走り回るシーンはどれも迫力とスリル、俳優の良さを強く感じれるシーンです。

 

第二位 “四乃森蒼紫”と“瀬田宗次郎”の戦い方

四乃森蒼紫の二刀流は、天才的な戦い方として描かれ、剣心の何手先も読む戦法となっています。

瀬田宗次郎は、戦い方を直前で決めるノープラン戦法。

 

というような感じで同じ戦闘シーンを原作に忠実にそれぞれのキャラクター独特の戦い方を反映しているそうです。

何度か観ることでその違いは気付くことが出来るそうなので、それぞれの戦い方の違いにも注目して観て頂けたらと思います。

 

第一位 瀬田宗次郎VS緋村剣心

二位と三位の合わせたシーンではありますが、このシーンはかなりよかったです。

「“佐藤健”さんの壁走り」や「“神木隆之助”さんの戦闘シーン」がまとめて観られる最高のシーンです!

%e6%88%a6%e9%97%98

出典: blogs.yahoo.co.jp

 

ただ、瀬田宗二郎の一番の見せ場とも言える『縮地』

それがなんとも言えない感じになっていたことが残念でした。

なんというか…

 

原作では「トンっ、トンっ、トンっ」といった感じに爪先でリズムを取る?感じでタイミングを計って一瞬で移動をしながら攻撃する。

説明がかなり難しい技ですので、詳しくは原作を観て頂けると助かります(笑)

%e7%b8%ae%e5%9c%b0

出典: battle-one.com

 

まあ、それがただ走るだけになっていて…

やっぱり『縮地』を再現しようとするとCGなど加工なしではこれが限界ですよね。

 

なので!!

このシーンが1番おすすめですね♪

まとめ

この作品は漫画が原作の実写の中で飛び抜けて良い仕上がりの作品だと私は思います。

特に印象に残ったシーンは、剣心が京都へ行く前に“薫”にお別れを告げるシーンが切なかったです。

%e5%88%a5%e3%82%8c

出典: lineq.jp

 

自分がそんな状況になったらどうするだろう?と考えながら観ているだけで切なくて涙が止まりませんでした。

 

ラストシーンで“福山雅治”さんが少しだけ出演しますが、それは薫と剣心二人の関係の行方と共に次回作でお確かめ下さい(笑)

それでは最後までありがとうございました。

スポンサーリンク