『GANTZ』映画の感想やネタバレ!

 

%e5%9b%b31

漫画が原作となっており、アニメでの放送に加え、実写化もされました。この劇場版「GANTZ」についてネタバレ!あらすじと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

キャスト

二宮 和成(玄野 計 役)

%e5%9b%b32

参考 topicks.jp

主人公であり、大学4年生です。特に目立つこともなく大人しい存在でした。人生の目標もなく、なんとなく就職活動をしている毎日でした。

松山 ケンイチ(加藤 勝 役)

%e5%9b%b33

参考 alpacakewpie.blog134.fc2.com

玄野と小学生の頃、同じ学校に通っていました。小学生の弟との暮らしを守るために高校進学を断念し、働いていました。

吉高 由里子(小島 多恵 役)

%e5%9b%b34

参考 buta-neko.net

玄野にひそかに想いを寄せています。しかしガンツに召喚された後の玄野が変化してしまっていることに気づき、不安を覚えるようになりました。

 

その他にも本郷奏多や夏菜、山田孝之なども出演しており、知っている人物も多いと思います。誰がどの役を演じているかも注目をしてみると面白いかもしれません。

あらすじ

物語は駅のホームから始まりました。就職活動がうまくいかず、目標もない、生きていくことの楽しさも感じることもできない玄野はその日もなんとなく過ごしながら駅のホームにいました。

 

 

そこで見かけたのが加藤勝でした。小学生の頃の同級生です。大学生になったその時にはすでに関わりはなく、見かけても知らない人でした。

 

 

そんな中、加藤は目の前で電車に轢かれそうになります。その時!玄野も自然と加藤を助けようと線路に入りましたが、2人は電車に轢かれてしまいました。

 

 

死んでしまった…と思いきや目を覚ますとそこはアパートのような1室。目の前には加藤と知らない人たちがいました。また、黒い謎の球「GANTZ」も。

 

 

そこにいる人々もなぜその場所にいるのか、黒い球がなんなのかは知りませんでした。お互いに知らない者どうし、あたふたしているといきなり召喚され知らない土地に飛ばされてしまいました。

謎の戦いに巻き込まれ、玄野と加藤は新しい力に感覚が目覚めます。生き返ることを目的として戦いは始まりますが別の問題も発生します…

%e5%9b%b35

参考 blogs.yahoo.co.jp

感想

未知の世界

始めて最初に観た時の感想としては、どうなるのか全く予想がつかない。と思いました。なぜならば、そもそも生き返るという部分が不思議だったからです。

この物語では戦い、100点を取ることでガンツを卒業することができます。また、戦っていない間は現実世界に戻ることもできます。

そのため、実際にいる自分がもう1人いるということとなります。しかし、ガンツで生きている自分というものは幽霊というわけではないので、現実に戻った際には他の人に存在が見えます。

では一体死んだはずの人間がいるということはどういうことであるのか?という部分に疑問を持ちました。しかし、そこがGANTZの面白さの1つかもしれません。

全く予想のつかない、未知の世界というものがより物語を楽しくさせています。次はなにが起こるのか、死んだら終わりではないという期待にさらに物語をわくわく楽しめると思います。

GANTZ

この謎の球体「GANTZ」は物語の中でも大きな役割を果たしています。

GANTZはとても黒く不気味となっていますが、この物体が戦いに連れていっています。そのためこの物語の鍵の1つともなっています。

しかし、GANTZは物語の後半で狂いはじめてしまいます。異変が起きてきてしまい、今まで星人とよばれる相手を戦いのターゲットとしていたことに対し、玄野に想いを寄せていた多恵をターゲットとしてしまいます。

なぜGANTZが狂い始めてしまったのか。そこにも注目が集まると思います。

%e5%9b%b36

参考 projectras.com

採点式

GANTZは採点式となっています。戦い、その戦いの結果をGANTZが採点をします。

累計100点をとることで「記憶を消されて解放される」か「好きな人間を生き返らせる」ことができます。この点数というものも不思議感があっておもしろいですよね。

採点の基準というものは特にないのですが、いくら戦っても成果を残さなければ0点となってしまいます。

また、この100点というものはとても重要であり、物語の途中で加藤は命を落としてしまいます。しかし、100点をとれば生き返らせることができるのです。そのため、玄野は100点を目標に戦いを続けました。

この目標のために仲間と協力をすることや、生き残るために頑張るという成長の過程もとても魅力がありました。この採点についても注目をしながら見てみると面白いかもしれません。

%e5%9b%b37

参考 eiga.com

異星人

上にも書きましたが物語は未知の世界だらけです。その中でも、戦いの相手は星人と呼ばれる相手になっています。

 

星人という名前からも人間ではありません。しかし、GANTZが狂ってしまう中で様々な星人が登場します。

 

 

その中でも注目が加藤の星人です。ここは少しネタバレになってしまうのですが、加藤を生き返らせるために玄野が100点を目指している中、他の人物が加藤を生き返らせます。

 

 

しかし、この生き返った加藤が少しおかしく、現実世界にいる加藤が偽物であることを知りました。この偽物の加藤は星人であったのです。

 

 

なぜ加藤の星人がいたのか?という部分にも注目をしてもらいたいところですが、この後も強力な星人が登場をします。

どのような星人がでてくるのか、なぜ星人と戦っているのかという部分を予想しながら見てみるというのも面白いかもしれません。ぜひ注目をしてみてください!

%e5%9b%b38

参考 blog.goo.ne.jp

まとめ

この物語は死んだはずの玄野と加藤がメインとなり星人と戦う話となっています。2016年10月14日では「GATNZ:O」の公開もされます。妖怪軍団が大阪で繰り広げる戦いに注目が集まります。GANTZに興味を持った方はぜひみてみてください!

スポンサーリンク