『僕だけがいない街』映画の動画はこちら!

%e5%83%95%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%84%e8%a1%97

大人気漫画が原作の『僕だけがいない街』が実写化され、2016年の3月19日に公開となった映画『僕だけがいない街』。

実写化の“権利の争奪戦”が繰り広げられたという話題のこの作品。主演に藤原竜也を迎えた『僕だけがいない街』をご紹介していきます。

今すぐ僕だけがいない街を見る

スポンサーリンク

キャスト

藤沼 悟(大人の時)役【藤原 竜也】

%e8%97%a4%e5%8e%9f%e7%ab%9c%e4%b9%9f

出典: www.cinra.net

 

藤沼 悟(子供の時)役【中川 翼】

%e4%b8%ad%e5%b7%9d%e7%bf%bc

出典: geinou-resistance.info

 

この物語の主人公“森沼悟”を演じたのは、藤原竜也さんと中川翼くんです。

“森沼悟”は、売れない漫画家でピザ屋でアルバイトをして生計立てていました。

 

そんなある日、母親が何者かによって殺害されてその上、犯人の濡れ衣をきせられてしまいます。

「再上映(リバイバル)」という特殊能力を持っている主人公はその能力を使って事件の解決を試みます。

片桐 愛梨 役【有村 架純】

%e6%9c%89%e6%9d%91%e6%9e%b6%e7%b4%94

出典: rana-nikki.com

 

この物語のヒロイン“片桐愛梨”を演じたのは、有村架純さんです。

“藤沼”と同じアルバイト先の同僚で、ある事故をきっかけに藤沼と親しくなります。

雛月 加代 役【鈴木 梨央】

%e9%88%b4%e6%9c%a8

出典: www.oricon.co.jp

 

小学生のときの同級生であり、この物語の鍵を握る人物“雛月加代”を演じたのは、鈴木梨央さんです。

誘拐事件の被害者で、他人に心を閉ざしてしまっていましたが、藤沼に出逢ったことで少しずつ心を開いていきます。

藤沼 佐知子 役【石田 ゆり子】

%e7%9f%b3%e7%94%b0%e3%82%86%e3%82%8a%e5%ad%90

出典: nowget.net

 

主人公の母親である“藤沼佐知子”を演じたのは、石田ゆり子さんです。

石田さんは“藤沼佐知子”を、冷静でクールな子供想いの優しい母親に演じています。

白鳥 潤 役【林 遣都】

%e6%9e%97

出典: prcm.jp

 

小学生時代の知人である“白鳥潤”を演じたのは、林遣都さんです。

20年前に、ある事件の犯人として逮捕されてしまいます。

藤沼にとっては数少ない友達の一人。

その他のキャスト

八代 学 役【及川 光博】、小林 賢也 役【福士 誠治】、澤田 真 役【杉本 哲太】など

あらすじ

ピザ屋のアルバイトで生計を立てていた“藤沼悟”は、“過去に戻って危険を回避する”という特殊能力(リバイバル)を持っていました。

 

ある日、ピザの配達中に子供の事故現場に遭遇した悟はリバイバルし、子供を救います。

その代わりに自分が車に跳ねられてしまい怪我をすることに。

 

そして心配して引っ越してきた母親“佐知子”と同居することになります。

 

そんなある日、買い物へ行った佐知子はふとした拍子に昔起きた事件の犯人を知り、証拠を集めようとした矢先にその事実を知った犯人に刺されてしまいます。

 

悟は犯人を追いかけますが、逆に罠にはまり、母親殺しの犯人にされます。

警察に捕まりそうになったところでリバイバルをし、小学生時代にタイムスリップしてしまい…!?

感想

まずはこの物語の鍵を握る『リバイバル』について少し説明します。

 

この『リバイバル』というのは、危険な状況(命に関わる状況という訳ではないようです)に陥った人(自分または周りの人)をその状況から回避させるための特殊能力のことのようです。

 

回避させる方法は、その状況に陥る前に戻る(タイムスリップ)というもの。

 

見所

この物語が面白くなるかどうかの鍵を握るのは子役たちの演技力です。

何故なら物語の半分が小学生時代であり、子供達の話だから。

 

そのことを踏まえて映画『僕だけがいない街』を観て頂けたら中川翼くんの大変さとスゴさは分かって頂けると思います。

 

彼の演じた役は、藤原竜也さんの子供時代。

ですが、ただの子供時代ではなく姿形は小学生なのに中身は大人という演技をしなくてはいけなかったのです。

 

分かりやすく言うと、大人の藤沼悟がタイムスリップをして身体だけが子供時代に戻ってしまったということ。

要するに意識は大人の自分のままな役なので、大人っぽい演技をしなくてはいけないということですね。

 

とても難しいこの役柄の配役は、300人の子役の中から選ばれたそうなので期待がより高まります!

まとめ

私は原作を観たことがないまま映画版を観たので、個人的には面白かったです。

ですが、ラストで主人公が死ぬってどうなのだろう?と思いました。

原作では死ぬことはないそうですし…

 

映画版『僕だけがいない街』は、基本的には原作を忠実に再現しているみたいですが、何故かラストシーンが映画版オリジナルになっているそうで。

 

多くの方の感想でもありましたが、本当に途中までは良かったのですが、1番肝心なラストが全部急展開過ぎて「なぜそうなった?」と疑問符ばかり残ってしまいました。

 

それでも子役の子たちの演技には魅せられるものがありました。

内容としてはすごく面白い物語なので、私は原作かアニメを観てみようと思います。

 

原作を観たことがない方は楽しめる作品だと思うので、ぜひご覧頂ければと思います。

 

では、最後までありがとうございました。

スポンサーリンク