クリーピー偽りの隣人の動画はこちら!ネタバレや感想も!

%e8%a1%a8%e7%b4%99

2016年6月18日に公開された前川裕による第15回日本ミステリー文学大賞新人賞の受賞作であるこの作品。

 

キャストに西島秀俊や竹内結子など豪華俳優で繰り広げられるサスペンスは必見です!今回はこの映画『クリーピー ~偽りの隣人~』をご紹介していきたいと思います。

今すぐクリーピーを無料で見る

スポンサーリンク

キャスト

高倉 役【西島 秀俊】

%e8%a5%bf%e5%b3%b6%e7%a7%80%e4%bf%8a

出典: cinema.ne.jp

 

この物語の主人公である“高倉”を演じたのは、西島秀俊さんです。

様々なドラマや映画に出演をしているベテラン俳優の西嶋さん。

 

その代表作はドラマ『大奥 第一章』『ストロベリーナイト』『MOZU』、映画では『劇場版 MOZU』などの様々な人気作に出演する実力派俳優です。

西野 昭雄/矢島 善雄/増田/水田 役【香川 照之】

%e9%a6%99%e5%b7%9d%e7%85%a7%e4%b9%8b

出典: www.youtube.com

 

この物語で重要人物の男“西野”を演じたのは、香川照之さんです。

香川さんは歌舞伎役者であり、ボクシングの解説者もされている俳優さん。

多くのドラマや映画に出演し、その実力は確かで間違いなく上位クラスの名優です。

 

代表作として、ドラマ『龍馬伝』『アンフェア』や映画『20世紀少年』『SP』などがあります。

西野 澪 役【藤野 涼子】

%e8%97%a4%e9%87%8e%e6%b6%bc%e5%ad%90

出典: okstars.okwave.jp

 

この物語の鍵を握る“西野澪”を演じたのは、藤野涼子さんです。

この“澪”という人物は、明るく元気でピアノが大好きな“西野昭雄”の一人娘です。

 

澪が「あの人、お父さんじゃありません」と高倉家へ助けを求めたことで事件が発覚し、この物語が始まります。

その他のキャスト

高倉 康子 役【竹内 結子】、本多 早紀 役【川口 春奈】、野上 誠次 役【東出 昌大】、谷本刑事 役【笹野 高史】など

あらすじ

犯罪心理学を専門とする大学教授の高倉は、コメンテーターとしても呼ばれることがありました。

 

そんなある日。

捜査一課の刑事である“野上”から『日野市一家三人行方不明事件』の生き残りの“本多早紀”が語った証言に信憑性があるかどうかを判断して欲しいと依頼がきます。

 

それから数日後、“谷本刑事”から野上が行方不明と知らされます。

さらにその後、向かいの家の田中家が火事になり、その焼け跡から頭を銃で撃たれた田中家の母娘と野上の遺体が発見されます。

 

そして、ある夜に隣の家の“西野昭雄”を怪しんでいた高倉の家に“西野澪”が助けを求め逃げ込んできます。

「あの人、お父さんじゃありません!全然知らない人です!!」

 

狂気に満ちた様子の西野が包丁を携え、追いかけてきて…!?

感想

映画の予告映像の段階でものすごく気になった作品で、実際観てみてもかなり楽しくて♪

概、始めの方から犯人が分かってはいますが、そんなの関係ないくらいに内容が充実していて物語に惹きこまれてしまいました!

 

『西野』が起した事件の真相

ここからは事件の真相をご紹介していきます!

まず、大前提として“香川照之”さんが演じた『西野』という人物の正体は、『矢島善雄』という人物だったのです。

 

この“矢島”の家族構成は、野上の父と前妻との間に矢島善雄(野上の7つ上)、由岐(野上の2つ上)。

前妻と離別後に再婚した後妻との間に野上が産まれています。

 

そして、野上と高倉と野上の元妻“河合園子”は同級生。

このキーワードがこの物語で重要になってきます。

 

矢島が起した事件は8年前の『日野市一家三人行方不明事件』から始まります。

シロアリ駆除の業者と言って本多家の長男“洋介”を騙し、50万円の契約書にサインをさせます。

 

そんなある日、“本多早紀”を一人残して両親と共に洋介は姿を消してしまいます。

消えた後のリビングには血痕を残して。

 

後に判明した事実では、当時隣に住んでいた“水田”と名乗る男(矢島と判明)がシロアリ駆除を名乗り、三人を殺していました。

娘の早紀が殺されなかったのは幼女趣味だった矢島の好みだったためと思われます。

 

そして、田中家の放火と母娘を殺害したのも矢島です。

これは弟である“野上”の元妻“河合園子”から「野上を殺した」と連絡をもらった矢島が偽装工作のために田中家の二人を殺害します。

 

殺害した二人の遺体と共に放火することで『野上が抱えている500万の借金を返済するための窃盗目的で侵入したが、母娘に見つかり殺害。その後、その事実に耐え切れなくなって放火と自殺をした』と思わせようとします。

 

警察は矢島の目論み通りに解釈したのでした。

そのことで矢島に逆らえなくなった“園子”は、澪を誘拐して逃げてきた矢島を匿うしかありませんでした。

 

しかし、この一ヵ月後にインフルエンザに罹った矢島に園子は「インフルエンザの薬」に青酸カリを混ぜて服用させて殺害します。

 

その後、澪は有名なピアニストだった園子の養子となり、10年後には海外でフランス人の彼氏を見つけてそちらで暮らすことになります。

さらに8年後には、園子は胃がんで他界します。

 

それから西野家の事件ですが、こちらの真実としては本物の西野昭雄が矢島の働く金融会社で借金をしていたことで関わりが出来たようです。

後に西野家の長男は水死体で、西野昭雄本人は白骨化した状態で発見されます。

 

両親と兄を殺された後に、マインドコントロールされた澪は矢島としばらく暮らしていたようです。

 

これら全ての事実を知った高倉は、全てを黙認することに決めます。

まとめ

近所付き合いの少なくなった現代では、孤独死する方も増えています。

何日も死んだことを知られず、腐敗してその悪臭で気付かれる。

 

そういった方を減らすための働きがされている今この時代。

では、もし隣人が殺されて秘密裏に処理され、入れ替わっていたら?

 

きっと気付ける人は少ないのではないでしょうか。

この『クリーピー』という作品は、そういった恐さや気味の悪さを表していると私は思います。

 

現代の人々は、便利で快適な生活を手に入れた代わりに人付き合いが減り、1番大切な防犯がなされなくなったように感じます。

せめて自宅の周囲の家の住人くらいは把握しておくべきなのかもしれませんね。

 

それでは、最後までありがとうございました!

スポンサーリンク